MacBook Air向けEFIアップデート - スリープ復帰時のトラブルを解決

 

MacBook Air (late 2010)

米Appleは12月8日(現地時間)、「MacBook Air EFIファームウエア・アップデート 2.0」の提供を開始した。対象は2010年10月に発売されたMacBook Air (late 2010)の11インチモデルおよび13インチモデル。起動時またはスリープからの復帰時に画面表示が黒くなったり、Macが応答しなくなることがある問題を解決する。

Mac OS Xのソフトウエア・アップデート機能を通じて提供されており、アップデートを実行する際には電源アダプタが必要になる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

沢村一樹主演『レンタル救世主』ポスターに明記された電話番号にかけると…
[12:33 9/26] エンタメ
住信SBIネット銀行、ディープラーニングを活用したデジタルマーケティング
[12:20 9/26] 企業IT
ビジネスインパクトを拡大するビックデータ活用とは - TERADATA PARTNERS 2016 基調講演
[12:10 9/26] 企業IT
IBM、クレジットカード関連の「FinTechカードAPI」提供 - 6社と仕様合意
[12:05 9/26] 企業IT
【特別企画】『キングオブコント2016』優勝予想1位は? 2位しずる、3位タイムマシーン3号
[12:04 9/26] エンタメ