第2世代iPadのローンチは4月、初期出荷台数は40-60万程度か - 台湾紙報道

 

iPad

台湾の製造メーカーFoxconnは現在、来年2011年4月の第2世代iPadローンチに向けて2月末での完了をめどに40-60万台程度の製品出荷を計画しているという。台湾Digitimesが12月7日(現地時間)に報じている。

これはDigitimesがFoxconnへ部品を納入しているメーカーの1つから得た情報を基に報じているもので、当初1月中の出荷開始を予定していたものが、ファームウェアのテスト工程の遅れでAppleが延期を決定したのだという。製造が行われているのはFoxconnの深セン工場で、現行の第1世代iPadの製造を2011年1月まで続けた後、2月に製造数の絞り込みを始め、3月中での在庫一掃を目指しているという。この動きは4月の新iPadローンチに向けたものでもある。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

橋本マナミ、高畑容疑者は「本能のまま動く子」- 告白された時の印象語る
[13:47 8/26] エンタメ
CEDEC 2016 - ワコムブースで「ZBrush」と「Cintiq 27 QHD」を体験する
[13:36 8/26] パソコン
橋本マナミ、言い寄られていた高畑逮捕に「ビックリ」 - 洞察力に称賛の声
[13:24 8/26] エンタメ
林家正蔵、徳川家康役決定で「鳴かぬなら おうちで飼おう ホトトギス」
[13:24 8/26] エンタメ
糖アルコールを炭素二重結合を含む化学原料に変換する触媒 - 東北大が開発
[13:12 8/26] テクノロジー