SAS、「日本就航60周年ロゴ」デザインコンテストのグランプリ発表

SAS、「日本就航60周年ロゴ」デザインコンテストのグランプリ発表

  [2010/12/02]

スカンジナビア航空(以下、SAS)は2010年7月15日~9月30日までの期間で、日本就航60周年を記念する「60周年記念ロゴデザイン」コンテストを実施。12月1日、応募された796作品の中から、デンマーク在住の桑野明子氏の作品がグランプリを受賞したと発表された。

グランプリを受賞した桑野明子氏(左)とロゴ。写真右から二番目はスカンジナビア航空アジア太平洋地区総支配人のオーレ・ヨハンソン氏

審査員を務めた、SAS ディレクター・マーケティング・インターナショナルのヨルゲン・ホルメ氏は、桑野氏の受賞理由について「日本、北欧、そしてSASをカラフルな色使いで見事に融合、表現している」と説明するとともに、特に気に入った点として「さまざまな色と大きさのドットは、見る人それぞれが自由に解釈できること」としていた。また、同氏はそれらのドットから「SASが就航する数々の個性豊かな北欧の都市、そして以前は55時間(東京-ストックホルム)を要した北欧への航路上のいくつもの経由地が思い浮かびました」と語っていた。

2位~10位に選ばれた作品

なお、桑野氏には賞品として、SASの東京-コペンハーゲン往復航空券がプレゼントされた。

スカンジナビア航空の歴史

グランプリ作品のドットは、「60年間にわたって日本と北欧の間で育まれてきたユニークでカラフルで温かな協力関係とも解釈できる」と話す、SAS ディレクター・マーケティング・インターナショナルのヨルゲン・ホルメ氏

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『キズナイーバー』、2016年4月放送開始! 30秒CMで本編映像を公開
[21:06 2/13] ホビー
[深津絵里]キネ旬主演女優賞受賞 “夫”浅野忠信に感謝 「底知れぬ力のおかげ」
[20:50 2/13] エンタメ
スマホやタブレットを充電しながらUSB機器を同時に使えるmicroUSBハブ
[20:45 2/13] パソコン
期待のローテ候補が対外試合で好投 二木、浜田達、杉浦は無失点
[20:43 2/13] ライフ
[有村架純]23歳の誕生日に「早く30歳になりたい」 バレンタインの淡い思い出も明かす
[20:33 2/13] エンタメ

特別企画 PR