JEITA、10月に販売されたカラーテレビの100%が地デジ対応であると発表

 

電子情報技術産業協会(JEITA)は24日、2010年10月の地上デジタルテレビ放送受信機の国内出荷実績を発表した。

それによると、10月の地上デジタル放送受信機の出荷実績は386万4,000台で、内訳はテレビ受信機が283万3,000台、チューナーが18万3,000台、ケーブルテレビ用STBが19万台、デジタルレコーダーが9万3,000台、ブルーレイディスクレコーダー(以下、BDレコーダー)が46万4,000台、地上デジタルチューナー内蔵PCが10万台。2009年同月比で見た場合、テレビ受信機は244.8%、チューナーは71.9%、ケーブルテレビ用STBは144.7%、デジタルレコーダーは88.2%、BDレコーダーは182.8%、地上デジタルチューナー内蔵PCは171.8%となっている。

シャープ製 地デジ対応液晶テレビ「LC-32E8」

地上デジタルテレビについては、2009年12月(239万2,000台)を上回る過去最高の出荷台数を記録しており、理由として家電エコポイント制度が12月より縮小されるため、駆け込み需要が急増したことが考えられる。また、10月の地上デジタルテレビのカラーテレビ全体に占める割合は100%に達した。

10月のデジタルレコーダーとBDレコーダーを合わせた地上デジタルチューナー搭載率は、ほぼ100%。ケーブルテレビ用STB、デジタルレコーダー、BDレコーダー、地上デジタルチューナー内蔵PCが、地上デジタル放送受信機器全体に占める割合は21.9%となった。

人気記事

一覧

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル