JEITA、10月に販売されたカラーテレビの100%が地デジ対応であると発表

ニュース
トップ

JEITA、10月に販売されたカラーテレビの100%が地デジ対応であると発表

御木本千春  [2010/11/25]

電子情報技術産業協会(JEITA)は24日、2010年10月の地上デジタルテレビ放送受信機の国内出荷実績を発表した。

それによると、10月の地上デジタル放送受信機の出荷実績は386万4,000台で、内訳はテレビ受信機が283万3,000台、チューナーが18万3,000台、ケーブルテレビ用STBが19万台、デジタルレコーダーが9万3,000台、ブルーレイディスクレコーダー(以下、BDレコーダー)が46万4,000台、地上デジタルチューナー内蔵PCが10万台。2009年同月比で見た場合、テレビ受信機は244.8%、チューナーは71.9%、ケーブルテレビ用STBは144.7%、デジタルレコーダーは88.2%、BDレコーダーは182.8%、地上デジタルチューナー内蔵PCは171.8%となっている。

シャープ製 地デジ対応液晶テレビ「LC-32E8」

地上デジタルテレビについては、2009年12月(239万2,000台)を上回る過去最高の出荷台数を記録しており、理由として家電エコポイント制度が12月より縮小されるため、駆け込み需要が急増したことが考えられる。また、10月の地上デジタルテレビのカラーテレビ全体に占める割合は100%に達した。

10月のデジタルレコーダーとBDレコーダーを合わせた地上デジタルチューナー搭載率は、ほぼ100%。ケーブルテレビ用STB、デジタルレコーダー、BDレコーダー、地上デジタルチューナー内蔵PCが、地上デジタル放送受信機器全体に占める割合は21.9%となった。

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    [MD松尾のヒット解析]「ゼスティリア」が期待以上のヒット
    [18:30 1/31] ホビー
    [観月ありさ]劇場版ドラえもんで声優初挑戦 市村正親・爆問田中とゲスト出演
    [18:20 1/31] ホビー
    JR九州305系、筑肥線新型車両が筑前前原~唐津間走行 - 運転開始は2/5予定
    [18:16 1/31] 旅行
    内藤泰弘ら出演の「血界戦線」イベント、チケット完売受けニコ生で中継
    [18:04 1/31] ホビー
    【レポート】トマ・ピケティ氏、「日本の富は高齢者に集中、若い人たちに利する税制を」
    [17:58 1/31] マネー

    特別企画

    一覧