ソフトバンク、下り42Mbpsサービス対応の法人向けデータ通信端末「004Z」

ソフトバンクモバイルは4日、法人向けデータ通信端末「SoftBank 004Z」(ZTE製)を発表した。ソフトバンクが2011年2月に開始予定の高速パケット通信サービス「ULTRA SPEED」に対応する。2011年2月下旬以降に発売する。

SoftBank 004Zは、USBスティックタイプのデータ通信端末。下り最大42Mbpsの高速通信を実現する「ULTRA SPEED」に加えて、下り最大14.4Mbpsの「3Gハイスピード」にも対応する。

SoftBank 004Z(ZTE製)

寸法・重量は約87×27×14mm・約35g(暫定値)。本体に最大32GBまでのmicroSDHCカードに対応するカードスロットを搭載し、USBメモリーとしても利用可能。対応OSはWindows 7/Vista Ultimate(32bit・64bit)、Windows XP(SP2/3)、Mac OS X 10.4以降。

なお、SoftBank 004Zの発売にあわせて、定額でデータ通信を利用いただける料金プランを提供する予定。料金プランの詳細は決まり次第発表される。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事