シャープ、CEATECに参考出展した超薄型BDレコーダー発売 - タテ置きも可能

 

シャープは21日、AQUOSブルーレイ「BD-AV70」を発表。12月1日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は8万5,000円前後。

厚さ35mmという、超薄型のBDレコーダー「BD-AV70」

付属のスタンドで縦置きにも対応する

BD-AV70は、厚さ35mmという業界最薄のデザインを採用したBDレコーダー。付属のスタンドを使用することで、縦置きにも対応する。横置き時のサイズは430(W)×35mm(H)×218mm(D)で、スタンド使用時の高さは447mmとなる。

ハードディスクは内蔵されておらず、録画先はBDのみとなる。対応するメディアは、1層/2層のBD-R/REとBDXL。内蔵チューナーは、地上/BS/110度CSデジタル×1に地上アナログ×1。新トランスコーダーを搭載しており、最大で約10倍の長時間ハイビジョン録画に対応する。1層のBDメディアには、最大で約21時間40分、3層のBDXLメディアを使用した場合、最大で約87時間20分の録画が可能だ(ハイビジョン録画の場合)。再生可能なメディアは、BDに加えて、DVD+-R/RW、-RAM、CD-R/RW、DVDビデオ、音楽CD。3D映像の再生にも対応する。

また、「マッハメモリー」を初搭載。マッハメモリーは、電源をオフにしたときに、その時点でドライブに入れられているディスクの先頭部分をメモリーに読み込み、次回起動時には、メモリーに記録された部分から再生を開始するというもの。光学ドライブのディスク読み込みにかかる時間を省くことで高速な再生スタートを実現する。さらに録画時にも、先にメモリーに書き込むことで、待ち時間の短い録画スタートも実現する。

入力端子は、i.LINK×1/USB×1とアンテナ入力。USBはAVCHDビデオカメラからの入力とBD-LIVEデータ保存専用で、それ以外のデバイスは接続できない。出力端子は、HDMI×1/光デジタル音声×1/ヘッドホン×1。ヘッドホン端子は、ヘッドホンで疑似サラウンドを実現する「サラウンド音声出力」機能を搭載する。LAN端子も装備しており、アクトビラ ビデオ・フルの視聴にも対応する(ダウンロードは非対応)。

なおBD-AV70は、10月5日より千葉の幕張メッセで行われた「CEATEC JAPAN」の同社ブースに参考出展されていたが、その時点では、詳しい内容は公開されていなかった。

人気記事

一覧

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ