東芝、コンパクトサイズのブルーレイディスクプレーヤー「SD-BD2」を発表

ニュース
トップ

東芝、コンパクトサイズのブルーレイディスクプレーヤー「SD-BD2」を発表

木下健児  [2010/10/20]

東芝はこのほど、コンパクトサイズのブルーレイディスクプレーヤー「SD-BD2」を11月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、推定市場価格は2万円前後。

「SD-BD2」

同製品は、フルHDの高画質ブルーレイディスクが手軽に楽しめる、コンパクトサイズのプレーヤー。ハイビジョン番組を録画したBDディスクの再生にも対応しており、再生可能なメディアはBD-ROM / R / R DL / RE / RE DLの5種類。

また、DVDの再生も可能で、VideoフォーマットやVRフォーマットをはじめ、AVCREC形式やAVCHD形式で記録されたディスクにも対応する。インターネットに接続して特典映像などをダウンロードできるBD-LIVEの利用や、ピクチャー・イン・ピクチャーで表示されるボーナスビューにも対応。

再生や出力機能では、1080 / 24pダイレクト出力をはじめ、グラデーションをよりなめらかに表現えきるディープカラー出力、x.v.Colorへの対応、5.1chサラウンドシステムなどと同軸デジタル端子による接続、7.1chサラウンドなども楽しめる「HDフルオーディオデコード」などを搭載。

SDカードスロットを装備し、BD-LIVEでダウンロードしたコンテンツの記録や、JPEG / MP3 / AVCHDといったファイルの再生も可能。同社の液晶テレビ「レグザ」のリモコンが使用できる「レグザリンク」にも対応している。

「SD-BD2」背面のインターフェイス部

インターフェイスとして、映像出力×1、アナログ2ch音声出力×1、デジタル音声出力(同軸)×1、HDMI出力×1、LAN用端子×1を装備。突起部を含まない外形寸法は、360(W)mm×54(H)mm×232(D)mmで、本体質量は1.74kg。

関連キーワード

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    レンゴー、レアアースを使用せず可視光照射で発光する新蛍光体を開発
    [10:50 9/2] テクノロジー
    大阪府・天王寺動物園で、ネコ科のジャガーの赤ちゃんが誕生
    [10:48 9/2] ライフ
    アライド、ネットワーク監視や管理を提供するネットワーク統合管理ソフト
    [10:48 9/2] エンタープライズ
    東京都・多摩動物公園のトキの赤ちゃんが順調に成長中
    [10:45 9/2] ライフ
    島津製作所、最高級の感度と空間分解能の電子線マイクロアナライザを発表
    [10:44 9/2] テクノロジー

    特別企画

    一覧