パナソニック、「ブルーレイディーガ」のコンパクトデザインモデルを発表

 

パナソニックは20日、ブルーレイディスクレコーダー「ブルーレイディーガ」の新シリーズとして、320GBのHDDを搭載したコンパクトデザインの「DMR-BF200」を11月15日に発売すると発表した。価格はオープンで、推定市場価格は7万円前後。

ブルーレイディーガ「DMR-BF200」

同製品は、ブルーレイディスクレコーダーとして世界最小クラスを実現し、ディスクスロットを搭載したことで、タテにもヨコにも置けるレイアウトフリーのデザインとなっている。また、側面(天面)シートの入れ替えができる「着せ替えシート」2パターンが付属し、インテリアに合わせたコーディネートも可能。

機能面では、第4世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載しており、シーンに合わせた圧縮処理の精度を高める事によって、長時間録画モードでもノイズを抑えたクリアな映像が楽しめるとのこと。「フルハイビジョン長時間録画」も可能で、内蔵する320GBのHDDにフルハイビジョンで最長約290時間の記録が行える。

また、「アクトビラ ビデオ・フル / ダウンロードサービス」や「YouTube」、「お部屋ジャンプリンク(サーバ / クライアント機能)」などが利用できるネットワーク機能を搭載。SDカードスロットも装備され、録画した番組をSDカードで持ち出せる「番組持ち出し(ワンセグ画質)」にも対応する。本体のみの外形寸法は、65(W)mm×194(H)mm×210(D)mmで、質量は約2.2kg。

人気記事

一覧

新着記事

IaaSの基本を知ろう! パブリックとプライベートの違いって?
[09:30 8/31] 企業IT
SaaS、PaaS、IaaS、クラウドサービス3種の特徴とは
[09:30 8/31] 企業IT
急速に普及するクラウドサービスIaaSによるシステム構築の特徴とメリット
[09:30 8/31] 企業IT
設備投資からみるIaaSのメリット
[09:30 8/31] 企業IT
IaaSの基本とそのメリットとは?
[09:30 8/31] 企業IT