「東京ゲームショウ2010」に並んだスマートフォン向けゲームを紹介

 

9月16日~19日の4日間、千葉市・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2010」。通信事業者の出展はなかったが、モバイルコーナーにスマートフォン向けゲームが多数展示されていた。

モバイルコーナーには、iPhone&iPadブースとAndroidブースが設置されていた。iPhone&iPadブースではiPhone4とiPadが、AndroidブースではXperiaの実機が用意されており、気軽にゲームを楽しむことができた。

iPhone&iPadブース。数多くのメーカーが様々なゲームを展示していた

数多くの来場者が試遊していたAndroidブース

iPhone&iPadブースのデモンストレーションコーナーでは、バンダイナムコの「太鼓の達人プラス」やカプコン「ストリートファイターIV」といった最新作をiPadの大画面で楽しむことができた。このほか、セガの近日発売予定のゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホック4 エピソードI」などもプレイできた。

iPhone&iPadブースに展示されていたバンダイナムコ「太鼓の達人プラス」。手前がiPadで奥がiPhone。iPadの大画面だと迫力もアップ

Androidブースでは、Androidアプリコンテント「Android Application Award 2010 Spring」の受賞作品が紹介されていた。大賞は、タオソフトウェアの「tWakeUpCallMaker」で、端末内の音声データを使って自分だけの目覚まし時計を簡単に作成できるアプリだ。

Androidアプリコンテントの受賞作品も試遊可能だった

Androidブースでは講演も行われていた

試遊コーナーにも、多数のAndroid端末向けのゲームが展示されていた。なお、隣接して設置されたステージでは「ドコモマーケット・コンテンツの動向」などAndroidに関する各種講演が行われていた。

AR.Droneの試遊スペース

このほか、パロットが、iPhoneで操作できるラジコンヘリコプター「AR.Drone」のフライト・デモンストレーション&体験イベントを開催していた。

AR.Droneは、ARに対応し、iPhone/iPad/iPod touchで操作できるヘリコプターのラジコン。2010年のCESで発表され、8月にヨーロッパ各国、9月にアメリカ、そして9月16日より日本で販売が開始された。会場では試遊のための整理券が配られていたが、配られ始めるとすぐに予定枚数が終了という状態だった。

なお、東京ゲームショウの体験イベントでは楽しめなかったが、AR.Droneは、本体に搭載されたカメラの映像をiPhoneに映し出し、さらにAR技術を使ってリアルタイムにロボットや怪獣などを表示することができ、戦闘ゲームとしても楽しむことができる。

新たなARの遊び方が楽しめそうな「AR.Drone」。画面に表示されるボタンを使って操作する

人気記事

一覧

新着記事

カーエレクトロニクスの進化と未来 第91回 冗長構成に向いたARMのCortex-R52安全管理プロセッサ
[09:00 9/27] テクノロジー
「実は損している」節約行動4選
[09:00 9/27] マネー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第12回 最新版がリリース、LibreOfficeをアップデートしよう
[09:00 9/27] 企業IT
【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第3回 MATLABを使った鉄道の乗り心地の可視化ツール - 鉄道総合技術研究所
[09:00 9/27] テクノロジー
フジ新人永尾亜子アナ『みんなのニュース』で初レギュラー「一歩一歩」
[08:31 9/27] エンタメ