パナソニック、シンプルベーシックモデルのビエラ TH-L19C21-K

 

パナソニック デジタルAVCマーケティング本部は、シンプルベーシックモデルのビエラ TH-L19C21-Kを10月8日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は5万円前後。

TH-L19C21

同製品は、当社独自の『コントラストAI』機能により、奥行き感あるクリアな映像を実現。さらに、視覚特性を活かし、視聴環境に適した画質に自動調整する「オート」モードも搭載した。

また、同社独自の『エコナビ』を搭載。部屋の明るさにあわせ、映像の明るさと画質を自動調整して節電し、使っていない接続機器の無駄な電力を低減する。

「ビエラにリンク」機能も充実。対応のレコーダーなどをビエラのリモコン1つで簡単に操作できるほか、インターネットに接続すれば、「アクトビラ ビデオ・フル」も楽むことができる。さらに、デジタルカメラ写真やハイビジョンビデオ動画も、SDカードを本体のスロットに入れるだけで簡単に再生できる。なお、本製品は、『エコポイント対象』品。

人気記事

一覧

新着記事

2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第7回 変わりゆく就職戦線 - 戦略転換からみた教育支援の在り方
[11:30 7/25] テクノロジー
胎児もつらいよ! 第5回 違うよママ! ぼく、男の子だってばっ!!
[11:30 7/25] ライフスタイル
ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー
【特別企画】卵を食べ過ぎると○○○は都市伝説だった!? 卵とコレステロールの関係とは
[11:14 7/25] ヘルスケア