Apple、iOSアプリ開発の制限緩和 - App Store審査ガイドラインを用意

 

米Appleは9月9日(現地時間)、iOS Developer Programライセンスのセクション3.3.1/ 3.3.2/ 3.3.9を改訂し、開発者に課している制限の一部を緩和した。またiTunes App StoreにおけるiOSアプリケーションの審査プロセスの規範をまとめた「App Store Review Guidelines」を開発者向けに用意した。

今回改訂されたiOS SDKの利用規約セクションでは、iOS 4のベータ版リリースとともに制限強化が始まり、開発者をしばり付ける閉鎖的な取り組みに批判が集中していた。例えばセクション3.3.1では、開発言語をObjective-C、C、C++、JavaScriptに限定。セクション3.3.2では中間実行形式について制限を加え、セクション3.3.9ではユーザーの分析データの収集に厳しいルールが設けられた。

Appleは、開発者からのフィードバックを受け止めて3セクションの一部制限の緩和にふみ切ったと説明している。声明の中で「開発したアプリがコードをダウンロードしないという条件を満たせば、iOSアプリ作成に用いられていた開発ツールに課したすべての制限を緩和している。これはわれわれに必要なセキュリティを保ちながら、開発者が求める柔軟性を実現するはずだ」と、特に開発ツールに関する対応を強調している。

App Store Review Guidelinesは、登録申請されたアプリをApp Storeの審査担当者がチェックするポイントを開発者に理解してもらうのが目的だという。ガイドラインには、ポルノや暴力など未成年に有害なコンテンツ、ユーザーの利用体験への影響、機能への影響、サービス、商標など広範囲にわたって、申請されたアプリが拒否される可能性のポイントが詳しく記載されている。また申請したアプリが拒否された場合でも、審査ボードが不服申し立てを受け付けると説明。「報道機関に駆け込んでも前進することはない」としている。

ガイドライン提供も審査の過程が不透明という開発者からのフィードバックに応えたものと考えられる。ただし序文の最後でAppleは「これ(App Store Review Guidelines)は変化し続けるドキュメントであり、新しいアプリから新たな問題が持ち上がれば、常に新しいルールが設けられる可能性がある」と断っている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Windowsスマートチューニング 第406回 Win 10編: Anniversary Update適用後に起きるWebカメラの不具合を回避する
[19:15 8/24] パソコン
メルセデス・ベンツ、新型「CLA」「CLA シューティングブレーク」販売開始
[18:56 8/24] ホビー
ローランド、30種以上の新製品を発表するオンラインフェスティバルを開催
[18:55 8/24] スマホとデジタル家電
ウィル・スミス、マーゴット・ロビーへの思い大胆告白「ずっと共演してもいい」
[18:51 8/24] エンタメ
メルセデス・ベンツ、新型「CLA」を発表 - 全モデルAndroid Autoに対応
[18:50 8/24] テクノロジー