「サブテレビ需要」を狙え! シャープ好調の理由 - BCN分析(1)

 

BCNは8日、全国の大手家電販売店から収集した実売データを集計する「BCNランキング」にもとづいた、デジタル家電製品の販売動向を発表。BCNアナリストである道越一郎氏が、テレビの動向について語った。

20型未満モデルが大きな伸び

薄型テレビは、「3月の"ゆり戻し"期を終え、活況が戻ってきた」状態。台数・金額ともに好調で、「例年は12月、3月、7月にピークが来るが、今年は8月が7月を上回る勢い。エコポイント効果もあるが、賃金下げ止まりにより、消費が戻ってきているのでは」と道越氏はみる。ただ、「堅調と言えど、単価の下落が激しく、果たしてメーカーは利益に結びつくのだろうか」とも指摘した。

薄型テレビ全体の販売台数・金額前年同月比と平均単価

液晶テレビの販売台数・金額前年同月比と平均単価

画面サイズ別では、サブテレビ需要もあり、20型未満モデルが金額面でも大きな伸びをみせている。メーカーシェアでは、「サブテレビ需要を積極的に取りにいっている」戦略が当たったシャープに勢いが戻ったという。

薄型テレビ全体の画面サイズ別台数前年同月比

薄型テレビ全体のメーカーシェア

薄型テレビ全体のメーカー別平均単価を見ると、シャープの平均単価は「いちばん安い」。これは、「20型未満に力を入れてきた影響」であり、「"安さ"という要素も、シャープ復活のひとつの原動力となっている」と道越氏はまとめていた。

人気記事

一覧

新着記事

医師らと共同開発! NY発の機能性バッグを体験できるフェア開催
[10:33 9/30] ヘルスケア
近鉄、スマホなどから会員登録不要で特急券などが購入できる新サービス
[10:30 9/30] 企業IT
フジ社屋や大観覧車・自由の女神も - 臨海副都心全体がピンクにライトアップ
[10:30 9/30] エンタメ
山谷花純、木村拓哉・月9『CHANGE』デビューから9年目での初主演 - 母がくれた"カスミソウの花言葉"を胸に
[10:30 9/30] エンタメ
Google、「Android Wear 2.0」の正式版リリースを来年前半に延期
[10:24 9/30] スマホとデジタル家電