「サブテレビ需要」を狙え! シャープ好調の理由 - BCN分析(1)

 

BCNは8日、全国の大手家電販売店から収集した実売データを集計する「BCNランキング」にもとづいた、デジタル家電製品の販売動向を発表。BCNアナリストである道越一郎氏が、テレビの動向について語った。

20型未満モデルが大きな伸び

薄型テレビは、「3月の"ゆり戻し"期を終え、活況が戻ってきた」状態。台数・金額ともに好調で、「例年は12月、3月、7月にピークが来るが、今年は8月が7月を上回る勢い。エコポイント効果もあるが、賃金下げ止まりにより、消費が戻ってきているのでは」と道越氏はみる。ただ、「堅調と言えど、単価の下落が激しく、果たしてメーカーは利益に結びつくのだろうか」とも指摘した。

薄型テレビ全体の販売台数・金額前年同月比と平均単価

液晶テレビの販売台数・金額前年同月比と平均単価

画面サイズ別では、サブテレビ需要もあり、20型未満モデルが金額面でも大きな伸びをみせている。メーカーシェアでは、「サブテレビ需要を積極的に取りにいっている」戦略が当たったシャープに勢いが戻ったという。

薄型テレビ全体の画面サイズ別台数前年同月比

薄型テレビ全体のメーカーシェア

薄型テレビ全体のメーカー別平均単価を見ると、シャープの平均単価は「いちばん安い」。これは、「20型未満に力を入れてきた影響」であり、「"安さ"という要素も、シャープ復活のひとつの原動力となっている」と道越氏はまとめていた。

人気記事

一覧

新着記事

イラッとされている後輩社員の特徴
[07:00 8/28] シゴト
外国人に母国のゴキブリ退治法を聞いた - 「ハンマーだと一撃で殺せます」
[07:00 8/28] ライフスタイル
ドラマ「逃げ恥」百合ちゃん役は石田ゆり子!風見は大谷亮平、沼田は古田新太
[06:00 8/28] ホビー
小島瑠璃子、ついにドラマ初挑戦!主演の柄本佑と“グルメ”で事件解決
[06:00 8/28] エンタメ
寺尾聰主演『仰げば尊し』すい臓がん、元問題児の留学…揺れる吹奏楽部の行方は
[06:00 8/28] エンタメ