DXアンテナ、家庭用最強の受信感度を持つ地デジ用平面アンテナ発表

ニュース
トップ

DXアンテナ、家庭用最強の受信感度を持つ地デジ用平面アンテナ発表

村田修  [2010/09/02]

DXアンテナは1日、地上デジタル放送用の平面アンテナ「デジキャッチフラット」の2製品「UAH900」「UAD1900」を発表した。発売は10月6日より。価格はオープンで、市場価格はUAH900が1万3,000円前後、UAD1900が1万8,000円前後と予想される。

八木アンテナ25素子に相当する高感度を持つ平面アンテナ「UAH900」「UAD1900」

平面アンテナは、八木アンテナよりも指向性がワイドになるため、テレビと1対1で接続してアンテナの向きを動かすといったレベルで、比較的簡単に調整が可能だ。UAH900は、そういった自分で手軽に取り付けられるアンテナとしては、異例となる高い感度を持ったアンテナ。現在市販されている家庭用平面アンテナとしては、最強となる、25素子の八木アンテナに相当する受信感度を実現している。UAD1900は、UAH900のブースター内蔵モデルで、受信機が一台だけでなく、テレビとレコーダーなどのように何台かに分配する場合には、こちらの方が適している。なお、ゲインを稼ぐために同軸ケーブルの先に家庭用のブースターを取り付けた場合、アンテナからブースターまでの間の同軸ケーブルで拾ったノイズも一緒に増幅してしまうが、UAD1900では、アンテナ本体にブースターを内蔵しているため、そのような心配はない。

同社によると、都内などの強電界地域では、今回発表されたUAH900ではなく、その下のUAH800でも(20素子相当)、問題なく映るケースがほとんどだという。ただし、当然ながら、どこでも確実に映るというわけではない。例えば、道路1つはさんで、向こう側では映るのに、こちら側では映らないといったケースも発生するなど、受信状況は、非常に狭い範囲で変化する。そういった難視聴地域での受信に関しては、やはりプロに相談したほうがよいとのことだ。

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    SBT、ファイア・アイの「メール専用」標的型攻撃対策クラウドサービス販売
    [15:19 1/28] エンタープライズ
    Operaの元名物CEOが開発したブラウザ「Vivaldi」が登場
    [14:58 1/28] 開発・SE
    楳図かずお作品のスマホケース10種、豊富な対応機種とデザイン
    [14:46 1/28] ホビー
    コルグ、基礎練習が楽しくなるチューナー・アプリ「cortosia」をリリース
    [14:42 1/28] クリエイティブ
    [仮面ライダー]“幻”の3号に及川光博 「夢かなった」
    [14:41 1/28] エンタメ

    特別企画

    一覧