ユニアデックス、クラウド拡販に向けCisco UCSビジネス推進センター開設

ユニアデックスは8月26日、シスコシステムズのデータセンタープラットフォーム「Cisco Unified Computing System」(以下、Cisco UCS)を用いて、プライベートクラウド構築サービスの販売を展開する新組織「Cisco UCSビジネス推進センター」を約40名の体制で開設したと発表した。

Cisco UCSは、ブレードサーバ、ネットワーク、ストレージを仮想化技術によって統合したシステム。「Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクト」、「Cisco UCS 5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシ」、「Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ」、「Cisco UCS ネットワーク アダプタ」、管理製品「Cisco UCS Manager」などで構成される。

Cisco Unified Computing Systemを構成するハードウェア群

Cisco UCS ビジネス推進センターでは、「Cisco UCS に関するプロモーション、マーケティング活動推進 」、「Cisco UCS・関連周辺機器、ソフトウェアを含めた仮想化データセンター/プライベートクラウド基盤に関するコンサルティングからアセスメント/設計・構築/運用・保守までワンストップでのサービス提供」、「Cisco UCS を利用した構成でのソフトウェア、ハードウェアの相互運用検証サービス」、「Cisco UCS による仮想化データセンター/プライベートクラウド基盤関連情報の集約と発信 」に取り組んでいく。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事