KCCS、TwitterとiPhone/Androidを使って嗜好分析の実証実験

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は8月3日、同社が開発したiPhone/Android向けTwitterクライアント「TwitLooper(β版)」(ツイットルーパー)を無償で公開。同ツールを活用して行動ターゲティング技術の実証実験を開始すると発表した。

同社は「Twitterには多様で大量の情報が混在しているため、趣味・嗜好に沿った個人向けデータの抽出は、高い検証価値がある」と判断。通常の検索サービスだけでは必要な情報の入手が困難になっている現状を踏まえ、同実証実験で得たデータをもとに、「個人の趣味・嗜好や状況(時間、場所、目的など)に応じた有益な情報の提供を可能とする」新たなモバイルサービスの実現を目指すという。

TwitLooper(β版)」の画面イメージ

実証実験の全体イメージ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事