Lunascape、iPad用タブブラウザ「iLunascape」でiPhone/iPadアプリに参入

 

Lunascapeは、iPad用タブブラウザ「iLunascape」を7月29日にリリースした。価格は無料。iTunes StoreのApp Storeから入手できる。

「iLunascape」

iLunascapeは、同社のiPhone/iPadアプリ開発参入第一弾の製品となる。iPadで快適なタブブラウジングを可能にすることをコンセプトに、同社のWindows用ブラウザにおける経験を活かして開発された。タブや主な操作ボタンを画面の下側に配置したことで、iPadを自然に持った状態で快適なタブブラウジングが行える。

タブは最大6個。iLunascapeでは非アクティブのタブも動作しているため、YouTube動画を再生しながら別のタブを閲覧するといったことが可能。タブを切り替えるたびに再読み込みが発生することもない。ページのキャプチャ機能を備えているので、画像として保存しておけば通信不可の環境でもWebページにあった情報を参照できる。

ユーザーインターフェースは、iPadの操作スタイルを考慮し、タブやボタンなどを下部にまとめた。ボタンの表示は、iPadユーザーが必ずしもITに詳しくないことを考慮してアイコン+文字の表示を採用。タブが常に表示されているため、自分が見ているページを把握しやすい。その一方で、アドレスバーや検索ボックスは上部に配置し、iPad標準のブラウザであるSafariとの親和性を図っている。

「iLunascape」の使用イメージ。iPadで自然な操作を行えるようにするため、タブやボタンは下部にまとめられている

なお、iLunascapeは今後のバージョンアップを予定しており、開発状況を「Lunascape開発日誌」というサイトで公開している。また、Twitterでハッシュタグ「#ilunascape」を付けてツイートを投稿することにより、要望・フィードバックを届けることも可能。Lunascapeでは、必ずしもすべてに回答・返信するわけではないが、前述のハッシュタグ付きで投稿されたツイートはすべて確認するとしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

スマホ保有者が初の50%超え - 総務省調査
[17:24 7/26] マネー
VAIOは独りで生きていく - 黒字化した3年目は新事業へ投資
[17:24 7/26] パソコン
機械遺産に新たに「国内初の地熱発電所」「スバル360」など7件を指定
[17:22 7/26] テクノロジー
小栗旬・藤原竜也・真木よう子らが『龍が如く』最新作に出演決定、桐生一馬伝説は最終章に
[17:15 7/26] ホビー
サイバー攻撃に挑む! 富士通の着眼点 - ガートナー セキュリティサミット
[17:00 7/26] 企業IT