春秋航空、28日より週3便で茨城-上海便を就航--国土交通省が認可

 

茨城空港は21日、中国の格安航空会社「春秋航空」による茨城 - 上海(上海浦東国際空港)便の運航が国土交通省から認可されたと発表した。28日からプログラムチャーター便として週3便の運航を開始する。

春秋航空機体イメージ

運航ダイヤは、「上海 - 茨城」便が上海発8:55 - 茨城着12:55、「茨城 - 上海」便が茨城発13:55 - 上海着15:55。運航日は月曜日・水曜日・土曜日で、運航期間は8月31日まで。使用機材は座席数180席のA320。なお、同空港は自衛隊との共用空港のため、乗り入れができない8月2日、23日、30日は成田空港発着となる。

プログラムチャーター便は、基本的に旅行会社のパッケージツアーとして販売し、日本発ツアーはジェイティービー、近畿日本ツーリスト、エイチ・アイ・エスの3社が担当。春秋航空は、9月以降も引き続きプログラムチャーターとして申請する予定で、将来的には定期便運航を目指すという。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

秋葉原で一番くじ『艦これ』×『アニON STATION』のコラボイベントを開催
[18:00 7/30] ホビー
冬目景の新連載がバーズで、ミュージシャン父に持つ女子高生と美人転校生描く
[17:44 7/30] ホビー
[生駒里奈]「もっと血だらけになりたい」ホラー第3弾へ意欲
[17:01 7/30] エンタメ
[リトルマーメイド]「名古屋四季劇場」オープニング作 人魚が宙を“泳ぐ”演出に注目 あすチケット発売
[17:00 7/30] エンタメ
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』第五章のあらすじ&先行場面カット
[17:00 7/30] ホビー