日本のポップカルチャーを体感できる、外国人向け「サマープログラム」開催

デジタルハリウッド大学は、アニメ・漫画・ゲームなどのポップカルチャーや、茶道・日本庭園といった日本のコンテンツの元祖となる伝統文化について学ぶ「サマープログラム」を開催する。開催期間は2010年7月26日~8月6日。

本プログラムは2009年から開催されているもの

日本のポップカルチャーに興味を抱き、コンテンツ業界で働くことを目標としている留学生の入学も年々増加傾向にある同校。本プログラムは、日本のポップカルチャーに深く興味のある外国人を対象に、ポップカルチャーや日本の伝統文化を直接触れながら学べる短期コースとなっている。また、今回は、オタク界のカリスマと称されている、ダニー・チュー氏を招き、外国人から見た日本のポップカルチャーについての講義も行う予定となっている。

サマープログラム

開催期間 2010年7月26日~8月6日
会場 デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパス(デジタルハリウッド大学は主に集合場所、オリエンテーション、講義などの会場となる)
費用 22万5,000円(授業料12万円、滞在費10万5,000円)
※食費・交通費は含まれていない
スケジュール 詳細はこちら


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事