ボイス版Gmail「Google Voice」、米国で一般提供開始

ニュース
トップ

ボイス版Gmail「Google Voice」、米国で一般提供開始

Yoichi Yamashita  [2010/06/23]

米Googleは6月22日(現地時間)、これまで招待制でユーザー数を制限していた音声コミュニケーション管理サービス「Google Voice」を米国で一般公開した。

Google Voiceはボイス版Gmailと呼べるようなオンラインサービスだ。ユーザーにはGoogle Voice番号とボイス用インボックスが提供される。この番号に固定電話や携帯電話を統合し、Webを通じてすべての音声コミュニケーションを1カ所で管理する。Google Voiceサービスを利用した北米内の通話は無料。国際電話もVoIPサービスと同等の価格でかけられる。またSMSやボイスメール、ボイスメールの翻訳、通話ブロック、通話録音など、様々なサービスが用意されている。

Gmailと共通するユーザーインターフェイスで音声コミュニケーションを管理する「Google Voice」

Googleは2007年にGrandCentral Communicationsを買収し、同社のサービスをGoogle Voiceとして強化してきた。GrandCentral時代からサービスは安定しており、アーリーアダプタから口コミで評判が広がっていた。音声コミュニケーションをWebで管理するようになれば、Googleは音声コミュニケーションに対してもGmailと同じように広告を提供できる。それにも関わらず、同社が長くGoogle Voiceの一般提供に踏み切らなかったのは、電話会社のビジネスに割り込むサービスとして警戒されたためだ。しかし近年、スマートフォンからVoIPアプリが利用可能になるなど音声コミュニケーションの幅が広がってきている。今回のGoogle Voiceの一般提供開始は、同サービスが受け入れられる環境が整ったとGoogleが判断した結果と考えられる。

関連キーワード

特別企画 [PR]

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    東京都のサインデザインのために作られた「東京シティフォント」発表
    [10:47 9/1] クリエイティブ
    NTT Com、「050IP電話アプリ」をMVNOに卸提供 - データSIMでも通話が可能に
    [10:44 9/1] 携帯
    AppleとCiscoが提携、エンタープライズ環境とiOSの統合を強化
    [10:39 9/1] エンタープライズ
    【特別企画】卵かけご飯ファン必見!? - 全国各地の卵が楽しめるお店に行ってみた
    [10:39 9/1] ライフ
    ブイキューブ、V-CUBE ミーティングを9年ぶりにメジャーバージョンアップ
    [10:38 9/1] エンタープライズ

    特別企画 [PR]

    一覧