「Opera 10.60 beta」が公開 - JavaScript性能さらに50%向上、WebM対応など

ノルウェーのOpera Softwareは6月16日、同社が開発するPC向けWebブラウザの次期開発版「Opera 10.60 beta」を公開したと発表した。

Opera 10.60 betaの画面(Windows版)

Opera 10.60 betaでは、現在の最新版「Opera 10.53」に比べて、JavaScript処理のパフォーマンスが50%以上向上。新JavaScriptエンジン「Carakan」を組み込み「地球最速」と謳ったOpera 10.50から、さらに大幅な性能改善を達成している。

また、位置情報への対応をWebブラウザレベルで行っているほか、Googleらとともに推進するメディアフォーマット「WebM」(ビデオコーデックにVP8、オーディオコーデックにOgg Vorbis、コンテナにMatroskaを採用した著作権フリーのメディア形式)をサポート。さらに、HTML5のAppCacheやWeb Workersに対応し、Webアプリケーションのオフライン利用やJavaScriptのマルチスレッド処理を可能にしている。

そのほか、検索サジェスチョン機能を搭載、タブのサムネイル表示などのUIの変更なども行われている。

Opera 10.60 betaはOperaのWebサイトからダウンロードできる。Windows版、Mac版、Linux版を公開中。なお、日本語化作業は現在進めている最中で、Linux版については日本語入力も未対応。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事