「iPhone 4」予約希望者、ソフトバンク表参道に約300人の列

 

iPhone 4

ソフトバンク表参道では15日、午後5時から予約受付が開始された最新スマートフォン「iPhone 4」の予約希望者が列をつくった。列は午前中からできはじめ、午後4時半すぎの時点で300人ほどにまで膨れあがった。

本日は予約のみの受付で、同端末は来週24日に発売される。現在、予約を受け付けているのはソフトバンクショップ、家電量販店などのiPhone取扱店の全店と同社オンラインショップ、およびApple Store。

先頭付近に並んでいた30代の男性は、朝からAppleStore銀座店に並びUstreamで中継も開始したが、人が少なかったため、人の多そうなソフトバンク表参道店に12時頃に移動したという。「オンラインショップでも予約できるけど、iPhone好きの人たちと一緒に並びたかった。思い出づくりです」と並んだ理由を説明してくれた。男性は発売日にも並ぶ予定だという。

初期出荷台数については非公表で、15日に予約しても発売日に手に入るとは限らないとのこと。予約できる回線数は、1人(1名義)あたり1回線まで。また、現時点ではブラックのみの取り扱いとなっている。「ホワイトモデルもできる限り早く準備する」(同社)としているが、入荷時期については未定。

同端末は3.5インチ(960×640ピクセル)の網膜ディスプレイを搭載、より鮮やかな描写が可能になった。これはiPhone 3GSに搭載されたディスプレイのピクセル数の4倍にあたるという。FaceTime(ビデオチャット機能)、マルチタスキングなど多くの新機能も追加された。また、500万画素のカメラを搭載し、HDビデオ撮影も可能になっている。

価格、料金プランなどについてはこちらのページを参照のこと。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス
株式投資額は「年間100~500万円」が最多 - FXは?
[09:28 7/26] マネー