Appleのモバイル広告ネットワーク「iAd」、7月1日に配信開始

 

米Appleは6月7日(現地時間)、サンフランシスコで開催中の開発者カンファレンスWWDC 2010において、モバイル広告ネットワーク「iAd」のサービスを7月1日に開始すると発表した。6月24日に発売される「iPhone 4」を含むiOS 4搭載端末向けにアプリ内広告を配信する。

アプリ開発者の新たな収入源を用意し、無料/低価格アプリを支援

iAdでは、ビデオ、ゲーム、広告内でのコンテンツ購入など様々な機能を広告に組み込んで配信できる。テレビ広告の表現力とオンライン広告の双方向性を兼ね備えた、これまでにない広告が可能になるとAppleはアピールしている。また従来のアプリ内広告と異なり、広告を閲覧するためにブラウザやメディアプレーヤーなどを起動する必要がなく、ユーザーがアプリ内にとどまり続けるのが特徴だ。

Appleによると、今月中にiOSデバイスの販売台数が1億台を突破する。初代iPhoneや初代iPod touchはiOS 4にアップグレードできないものの、iAdが広告を配信できる対象デバイスの潜在的な規模は大きい。すでに日産、AT&T、Best Buy、Chanel,、Citi、GE、Target、TBS、Unilever、Walt Disney StudiosなどがiAdを通じた広告キャンペーン展開に乗り出した。2010年下半期だけでiAdの売上げは6000万ドルを超える見通しだという。これは同時期の米国のモバイル広告支出のほぼ半分に相当するそうだ。iAdでは売上げの60%をアプリ開発者に配分する。

今年後半だけで6000万ドル以上の売上げを見込む

日産のiAd広告

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT