米Yahoo!がFacebookとサービス連携 - ソーシャル機能「Pulse」の展開も

米Yahoo!は5月7日(現地時間)、Facebookとの機能提携を発表した。これにより、Facebook側のニュースフィードをYahoo!ホームページやYahoo! Mail上から確認でき、逆にYahoo!の各種コンテンツやニュースをFacebookのフレンドと共有することも可能。このほか同社はソーシャルサービス「Yahoo! Profiles」のリニューアルも発表しており、Facebookを含む他のSNSとのアカウント連携が容易になっている。

今回の発表により、Yahoo!とFacebookのアカウントが接続可能になり、互いのアップデート情報を確認することができるようになった。例えばFacebook側のアップデート情報をYahoo!の各種サービスや個々のユーザーのホームページ上に反映できるようになっている。またYahoo! NewsやFlickrといった各種サービスのコンテンツをFacebook上でフレンドと共有できるようになっており、これらコンテンツを軸にコミュニケーションの幅を広げられる。

またYahoo!版SNSと呼べるYahoo! Profilesも提供開始から1年半の時を経て改修が続けられており、例えば現在Facebookでも大きな問題になっているプライバシー関連の設定が変更されたほか、前述Facebookとの機能統合における外部SNSとの接続を、Facebook以外のサービスにも拡大する設定が用意されるという。この外部SNSとの接続機能は今年後半の提供を予定している。なお、Yahoo! Profilesは「Yahoo! Pulse」の名称でリブランディングが行われており、新サービスは「http://pulse.yahoo.com/」のURLで提供されることになる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事