イルカ研究学者、iPadをイルカとの対話インタフェース実験に利用

 

「SpeakDolphin.com」プレスリリースより

タッチスクリーン端末を利用して、イルカとの言語コミュニケーション形成を試みる実験が行われている。メキシコのカンクン近郊にある海洋リゾート「Puerto Aventuras」のDolphin Discoveryでは、園内の未成年イルカにApple iPadを与え、コミュニケーションのためのインタフェース端末として機能したことを報告している。

この実験を行ったのは米フロリダ州マイアミを拠点とするNPO「SpeakDolphin.com」のメンバーでイルカ研究学者のJack Kassewitz氏。同氏は防水加工されたiPadを園内のプールに持ち込み、今年2歳になるバンドウイルカの"Merlin"に与えたという。

iPadには現実にあるオブジェクト、例えばボールやアヒルのおもちゃといったものを記号化したアイコンが表示され、それらをタッチするようにイルカに教え込む。一度オブジェクトとタッチスクリーン内の記号の紐付けができれば、イルカにとっては造作もないことだという。Merlinは他の多くのイルカ同様に好奇心旺盛で、一度覚えた作業をすべてちゃんとこなして、iPadにも鼻先や"くちばし"でタッチしてくる。Kassewitz氏は、最終的な目標はイルカと人間の完全な言語インタフェースを構築することだとしている。

なおタッチスクリーン端末選定にあたっては、防水対策はもちろんのこと、プロセッサのスピード、タッチスクリーンの感度、アンチグレア対応、イルカ向けのプログラムの提供などがポイントだったようだ。特にイルカとの対話に使うシンボルマークの数が多く、レスポンスが最も重要だという。事前調査の結果、TOUGHBOOK(タフブック)とiPadとで後者を選択することに決めたとKassewitz氏は説明している。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『24時間テレビ』林家たい平のマラソン走行距離が100.5kmに決定「いわおゴー」
[06:00 7/30] エンタメ
柴田理恵、母と似すぎで見分けがつかない『有吉反省会』に登場
[06:00 7/30] エンタメ
[チャリティーマラソン]歌丸師匠にかけて100.5キロに 林家たい平「楽しみと不安」
[06:00 7/30] エンタメ
屋内の熱中症対策に! ダイソーの猛暑対策グッズ5選
[06:00 7/30] ライフスタイル
今くるよに「世間知らず過ぎ」と苦言…ハローキティを"にゃんにゃん"呼ばわり
[06:00 7/30] エンタメ