サイバートラスト、端末認証用証明書発行管理サービスのiPad 3G正式対応を発表

 

情報セキュリティプロバイダのサイバートラストは、デバイス認証用証明書発行管理サービス「サイバートラスト デバイスID」が、iPad Wi-Fi+3GモデルによるOver-the-Air Enrollment & Configuration(以下、OTA)に対応したと発表した。

サイバートラスト デバイスIDは、端末認証を実施したい企業向けにRA(登録局)をホスティング提供し、端末レベルでの安全で確実な認証およびアクセス制御を可能にするサービス。ネットワークアクセス時の端末認証により、不正持ち込みの排除や不正アクセスの防止を行うことで、クリーンなネットワーク環境を維持する。iPadのOTAは「サイバートラスト デバイスID」のオプションサービスとして提供する。

サイバートラスト デバイスIDがiPadのOTAに対応したことで、対象iPadの端末識別情報を用いて端末を厳格に確認した上で、iPad内で安全に鍵を生成し、電子証明書をインストールできるようになった。iPadからのVPNアクセスや無線LANアクセスの際にPKIを用いたIPSec VPN、WPA2 EAP-TLSによる認証を行い、企業が許可したiPadのみ社内ネットワークにアクセスさせることができ、iPadにおけるセキュリティレベルをPCと同じレベルまで引き上げることが可能となっている。

また、iPadのVPN設定やWi-Fi設定などを制御する構成プロファイルも同時に導入し、ユーザーが個々にネットワーク設定を行うことなく、iPadに対し確実に端末認証を実施した上でVPN/無線LAN経由で安全かつ簡易に社内ネットワークへアクセスさせることも可能。

さらに、構成プロファイルにおいて、iPadのパスワードポリシ設定、App StoreやiTunesの利用禁止なども行え、業務専用端末として利用する際の基本的なカスタマイズも容易となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア