毎日新聞、iPad向け日刊紙「Mainichi iTimes」を6月1日より配信

 

毎日新聞社は、iPad向けに日刊の特別編集版「Mainichi iTimes」(マイニチ アイタイムズ)の配信を6月1日から開始すると発表した。配信は、ソフトバンクのデジタル配信会社ビューンが同日から始めるサービス「ビューン」を通じて行う。ビューンサービスの利用料金はiPadが月450円、iPhoneが350円、ソフトバンク携帯電話が月315円。

毎日新聞の特別編集版「Mainichi iTimes」

毎日新聞社は、美しい液晶で高い閲覧機能を持つiPad向けに、本紙夕刊のニュースを中心に記事を選択して15~20ページ構成にした「Mainichi iTimes」を提供(配信時間は午後10時めど)。さらに、同社発行の「サンデー毎日」と「週刊エコノミスト」の記事の一部も配信、携帯電話向けにはニュース速報も提供を行う。

なおビューンは、iPad、iPhoneほかソフトバンク携帯電話向けに、30種以上の新聞、雑誌、テレビニュースのコンテンツもパッケージで配信する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

最低賃金が全国平均823円に - 2002年度以降最大上げ
[11:39 8/24] マネー
グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電