iPadの売れ行きはiPhoneの2倍以上 - 28日間で100万台突破

 

Appleのタブレットデバイス「iPad」の販売台数が4月30日(米国時間)に100万台を突破した。4月3日(同)の米国発売からわずか28 日間での大台到達。2007年に同社が"携帯電話を再定義する新しいモバイルデバイス"として米国で発売したiPhoneは100万台まで74日間を要しており、CEOのSteve Jobs氏は声明で「iPhoneの半分に満たない期間でマイルストーンを達成した」とアピールしている。

Appleは4月3日にiPadのWi-Fiモデルを米国で発売。初日に300,000台、3日間で450,000台と販売台数を積み重ね、4月 30日の米国でのWi-Fi+3Gモデル販売開始で100万台を達成した。「需要が供給を上回り続けているが、この魅力的な製品をより多くの方に届けられるよう努力している」とJobs氏は述べている。

日本国内でiPadは5月末に発売される予定で、アップルは5月10日に価格を発表し、オンラインでの予約受付を開始する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[都丸紗也華]モンストCMの美女が大胆ビキニ 「ヤンマガ」グラビアで写真集の秘蔵カット公開
[00:00 9/26] エンタメ
[筧美和子]「ヤンマガ」グラビアでド迫力ビキニ ロングヘアもばっさり
[00:00 9/26] エンタメ
[銀魂]テレビアニメ新シリーズが放送へ
[00:00 9/26] ホビー
最新M.2 PCIe NVMe SSD「960 PRO/EVO」、何がどう変わったか - Samsung SSD Global Summit 2016
[00:00 9/26] パソコン
Googleお役立ちテクニック - Googleドライブでマインドマップを作ってみる
[00:00 9/26] パソコン