Apple、開発者カンファレンス「WWDC 2010」の日程を発表

 

WWDC 2009はチケット発売から4週間ほどで完売

米Appleは4月28日(現地時間)、開発者カンファレンス「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2010」を6月7日-11日の日程で開催すると発表した。会場は米サンフランシスコのMoscone West。今年はMac OS Xのコアテクノロジラボ、iPhone OS 4向けのハンズオンラボなどのほか、初のiPad向けセッションが用意されている。チケット価格は1599ドルだ。

WWDC 2010では「Core OS」「アプリケーション・フレームワーク」「開発ツール」「グラフィックス&メディア」「インターネット&Web」の5つのカテゴリで、合計100以上のテクニカルセッションが行われる。また今年はiPadアプリとiPhoneアプリ、それぞれ5つにApple Design Awardが贈られる。すでにApple Developerのサイトで同賞へのノミネーション登録受け付けが始まっている。締め切りは5月14日(PDT)。

WWDCはキーノート(基調講演)で幕を開けるのが恒例だが、28日時点でキーノートに関する情報は明らかにされていない。昨年AppleはWWDCのキーノートでMac OS X Snow LeopardとiPhone OS 3.0の詳細を説明、MacBook Proの新モデルとiPhone 3GSを発表した。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表
[06:00 7/28] テクノロジー
木村祐一、オメデタ報告も松本人志が複雑な関係をチクリ「戦国武将みたい」
[06:00 7/28] エンタメ
松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る
[06:00 7/28] エンタメ
日本の製造業競争力、2016年時点で世界4位 - 2020年はどうなる?
[06:00 7/28] マネー
[福山雅治]主演映画主題歌でTOKYO NO.1 SOUL SETとタッグ 80年代ディスコをギターで
[04:00 7/28] エンタメ