ドコモ、「Xperia」のOSをAndroid 2.1にアップデート - 今年秋に提供予定

 

NTTドコモは28日、同日開催した2009年度連結業績発表会で今後のスマートフォンに関する展開を発表。Android 1.6搭載端末「Xperia」のOSバージョンアップを今年秋に提供予定であることや、iモードメールアドレスへの対応を今年度半ばまでに実現予定であることを明らかにした。

ドコモは今後も、「端末/料金/コンテンツの三位一体」でスマートフォンに注力する方針。4月1日に販売を開始したAndroid 1.6搭載スマートフォン「Xperia」のOSをAndroid 2.1にするアップデートを2010年度秋に提供するほか、iモードメールアドレスへの対応についても、2010年度半ばまでに実現するとしている。また、おサイフケータイの対応端末の開発も行う。さらに、同社がスマートフォン向けコンテンツを厳選して紹介する「ドコモマーケット」内のコンテンツのラインナップを拡充。現在、約100あるコンテンツを年度末までに約700に増やす方針だ。

今後のスマートフォン展開

このほか、iPadで3Gによる通信利用が可能になる「ミニSIM」を発売する準備を進めていることも明らかにした。また、PCデータ通信分野を成長分野と捉え、販売を強化。タブレットPCや電子書籍などの外部機器との連携強化やLTE対応端末の提供に注力し、シェア拡大を図る。

PCデータ通信分野に注力

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

yahoo!「ドラえもん」検索で、どこでもドア出現! のび太たちの生活覗き見
[12:07 8/26] ホビー
にぎりこぷしのデタラメ育児哲学 第12回 以心伝心
[12:00 8/26] ライフスタイル
TVアニメ『ガーリッシュ ナンバー』、10月放送開始! キービジュアル公開
[12:00 8/26] ホビー
"まこみな"って何者!? 「ファン」じゃなくて、なぜ「まこみなーず」なの? - おじさんが18歳の2人を直撃
[12:00 8/26] エンタメ
うーさん 第13回 歯みがけよ!
[12:00 8/26] ライフスタイル