iPadユーザを対象にしたバックドア作成マルウェアに注意

 

BitDefenderは、iPadユーザーを対象にしたソフトウェアアップデートを促し、ライセンスキーやシリアル番号などの重要な情報を抜き取るマルウェアへの注意喚起を行っている。

同社によると、iPad software updatesと題するメールには、iPadにインストールされているソフトウェアのアップデートを促す内容が書かれており、そのために最新版のiTunesソフトウェアをPCにダウンロードする必要があると書かれている。

リンク先にはiTunesダウンロードサイトに似たアドレスが記載されており、これをクリックするとマルウェアが侵入。バックドアを作成して不正アクセスによってシステムを制御し、 ソフトウェアのライセンスキー、シリアル番号、メッセンジャーやメールアカウントを搾取する。

iPadユーザーをターゲットにしたメール

アップデートのダウンロード状況。トロイの木馬「Backdoor.Bifrose.AADY」が検出される(同社Webサイトより)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事