シャープ、BDレコーダー内蔵液晶テレビ「LED AQUOS」DXシリーズ8機種を発表

 

シャープは20日、ブルーレイディスクレコーダーを内蔵した液晶テレビ「LED AQUOS」DXシリーズから32V型「LC-32DX3-B / -W / -R」を5月20日に、52V型「LC-52DX3-B」、46V型「LC-46DX3-B」、40V型「LC-40DX3-B / -W / -R」を6月10日に発売すると発表した。いずれも価格はオープンで、推定市場価格は下記の表を参照。

40V型の「LC-40DX3-B」

「LED AQUOS」DXシリーズは、ブルーレイディスクへの録画やBD / DVDソフトの再生も可能なオールインワンスタイルのデジタルハイビジョン液晶テレビ。同社ブルーレイ内蔵機の第3弾となる今回は、光漏れを防ぐことによって高いコントラスト比が得られるUV2A技術使用した次世代液晶パネルを採用。きめの細かい明るさ制御や高速応答が可能なLEDバックライトとの組み合わせによって、シネマコントラストが500万 : 1という高画質を実現するとともに、同社従来機(DX2ライン)比30%以上の年間消費電力量削減を実現している。

さらに、デジタルテレビ専用の高速画像処理LSIを内蔵した「AQUOS高画質マスターエンジン」を搭載。動画をクリアに見せる「Wクリア倍速」と、LEDバックライトのオン・オフで残像感を低減する「スキャン倍速」により、動画をくっきりと再現できるという。また、コントラストと滑らかなグラデーションを再現する「なめらか高画質」、ノイズ成分を低減する「アクティブコンディショナー」も搭載した。

視聴環境やコンテンツの内容に応じた画質・音質の自動調整機能や、ユーザーが最も好ましいと感じる画質や音質に自動で調整する「好画質センサー」を搭載。音声の機能として、デジタル放送の音声信号をデジタルのまま伝送した後に音声を増幅して再現する「フルデジタル1ビットアンプ」や、急激な音量変化を自動的に抑える「オートボリューム」を装備する。

そのほかの機能として、DLNA / DTCP-IPの動画や静止画、音楽データの再生や、同社レコーダーなどの操作パネルを画面に表示して連携操作を可能にする「AQUOSファミリンクII」に対応。インターネットサービスを高速・快適化する「Exシステム」により、ネット上のハイビジョンコンテンツも楽しめる。

なお、同じくブルーレイディスクレコーダーを内蔵し、光源に蛍光管を採用した「AQUOS」シリーズの26V型「LC-26DV7-B / -W / -R」も5月20日に発売される。

「LED AQUOS」DXシリーズ

愛称 形名 カラー 画素数 推定市場価格 発売日
LED AQUOS LC-52DX3-B ブラック系 1920×1080 40万円前後 6月10日
LC-46DX3-B 33万円前後
LC-40DX3-B / -W / -R ブラック系 /
ホワイト系 /
レッド系
23万円前後
LC-32DX3-B / -W / -R 1366×768 16万円前後 5月20日
AQUOS LC-26DV7-B / -W / -R 14万円前後

人気記事

一覧

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー