東芝、レグザ純正のシアターラックを発表

 

東芝は14日、シアターラック「RLS-250」「RLS-450」を発表した。発売は7月下旬を予定しており、価格はオープン。市場価格は、RLS-250が10万円前後、RLS-450が12万円前後と予想される。

REGZA純正のシアターラック「レグザシアターラック」(写真はRLS-250と37RE1の組み合わせ)

RLS-250/450は、3.1chのシアターラックシステム。LEDレグザにマッチするデザインが採用されている。音声実用最大出力は、50W×3+100W(JEITA)。搭載されているスピーカーは、8cm径フルレンジ×3に、16cm径ウーファー×1。「シネマ」「ドラマ」「スポーツ」など、12種類のサウンドモードを装備する。

HDMI端子は、3入力/1出力を装備しており、もちろんレグザリンク対応。さらに、HDMI 1.4(ARC)に対応しており、デジタル音声信号ケーブルを必要とせず、HDMIケーブルのみで、テレビとの接続が可能となる(テレビ側もARCに対応している必要がある)。

サイズは、ELS-250が幅1100mm×高さ400mm×奥行き400mm、RLS-450が幅1350mm×高さ400mm×奥行き450mm。RLS-250は37V型~47V型、RLS-450は46V型~55V型のREGZAに対応する。

人気記事

一覧

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー