三菱、液晶テレビREALの小型モデルをリニューアル

 

三菱電機は、液晶テレビREALの新製品「LCD-22MX45」「LCD-22MX40」「LCD-19MX40」「LCD-19ATL40」を発表した。発売は5月21日を予定しており、価格はオープン。市場価格は、LCD-22MX45が6万5,000円前後、LCD-22MX40が6万円前後、LCD-19MX40が5万5,000円前後、LCD-19ATL40が6万円前後と予想される。

さらに低消費電力化が進められた、MX40/45シリーズとLCD-19ATL

新製品は、3月に発表された「LCD-32MX45」「LCD-32MX40」「LCD-26MX45」に続く、MX40/45シリーズのモデルと、LCD-19ATL20の後継モデル。従来のMXシリーズでは、19V型の上は26V型となっていたが、今回新たに22V型をラインナップ。同社によると、2台目以降のテレビ需要の増大に対応するためとのことだ。

新製品では、従来モデルに比べて、さらに低消費電力化が勧められており、昨年モデルのLCD-19MX35では51kWh/年だった年間消費電力量は、44kWh/年にまで引き下げられている。また、従来モデルにも搭載されていた「ECOメーター」「ECOモニター」も引き続き採用される。

機能面では、3月に発表されたLCD-32MX45などと同様に、アクトビラへの対応が大きな変更点(アクトビラビデオ・フル対応)。また、コンテンツのシーンの切り替わり時やテレビのCM時の音量の急激な変化を抑える「おすすめ音量」機能も全機種に搭載されている。なお、LCD-19ATLには、オートチルトとオートターン機能が、LCD-22MX45には、オートターン機能が採用されている。

人気記事

一覧

新着記事

橋本マナミ、高畑容疑者は「本能のまま動く子」- 告白された時の印象語る
[13:47 8/26] エンタメ
CEDEC 2016 - ワコムブースで「ZBrush」と「Cintiq 27 QHD」を体験する
[13:36 8/26] パソコン
橋本マナミ、言い寄られていた高畑逮捕に「ビックリ」 - 洞察力に称賛の声
[13:24 8/26] エンタメ
林家正蔵、徳川家康役決定で「鳴かぬなら おうちで飼おう ホトトギス」
[13:24 8/26] エンタメ
糖アルコールを炭素二重結合を含む化学原料に変換する触媒 - 東北大が開発
[13:12 8/26] テクノロジー