三菱、液晶テレビREALの小型モデルをリニューアル

 

三菱電機は、液晶テレビREALの新製品「LCD-22MX45」「LCD-22MX40」「LCD-19MX40」「LCD-19ATL40」を発表した。発売は5月21日を予定しており、価格はオープン。市場価格は、LCD-22MX45が6万5,000円前後、LCD-22MX40が6万円前後、LCD-19MX40が5万5,000円前後、LCD-19ATL40が6万円前後と予想される。

さらに低消費電力化が進められた、MX40/45シリーズとLCD-19ATL

新製品は、3月に発表された「LCD-32MX45」「LCD-32MX40」「LCD-26MX45」に続く、MX40/45シリーズのモデルと、LCD-19ATL20の後継モデル。従来のMXシリーズでは、19V型の上は26V型となっていたが、今回新たに22V型をラインナップ。同社によると、2台目以降のテレビ需要の増大に対応するためとのことだ。

新製品では、従来モデルに比べて、さらに低消費電力化が勧められており、昨年モデルのLCD-19MX35では51kWh/年だった年間消費電力量は、44kWh/年にまで引き下げられている。また、従来モデルにも搭載されていた「ECOメーター」「ECOモニター」も引き続き採用される。

機能面では、3月に発表されたLCD-32MX45などと同様に、アクトビラへの対応が大きな変更点(アクトビラビデオ・フル対応)。また、コンテンツのシーンの切り替わり時やテレビのCM時の音量の急激な変化を抑える「おすすめ音量」機能も全機種に搭載されている。なお、LCD-19ATLには、オートチルトとオートターン機能が、LCD-22MX45には、オートターン機能が採用されている。

人気記事

一覧

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電