iPadの"バッテリー"プログラム - 要交換の場合は本体まるごと交換!?

 

Appleのタブレット「iPad」の「バッテリー交換サービス」の内容が話題になっている。内蔵リチウムイオンバッテリーの充電能力が低下してバッテリー交換が必要になった場合、Appleは1台あたり99ドル(約8,900円)のサービス料金でバッテリーではなく本体を丸ごと交換するというのだ。

iPadのバッテリー駆動時間は最長10時間。だが、組み込みだけにバッテリーの寿命が気になる

iPodやiPhone、ノート型Macなど、Appleのモバイル製品にはバッテリーが本体に組み込まれている。これにより本体が軽量・スリムになるものの、ユーザーがバッテリーを交換できないというデメリットがある。そのため同社はバッテリー機能の低下を防ぐ様々な取り組みを行い、同時にバッテリー交換プログラムも用意している。

3月13日(米国時間)時点で、AppleによるサポートページでのiPadサポート情報の提供は行われていない。ところが、apple.comでiPadのバッテリー交換サービスのページにアクセスできるという報告がネットを広まり、同サービスの内容が広く知られるところとなった。

Appleのバッテリー交換プログラムは製品カテゴリーごとに内容が異なる。例えばiPodの保証対象外バッテリー交換プログラムにはiPod本体の交換が明記されている。iPhoneのプログラムにも以前は本体の交換が記されていたが、現在は「有償で修理」と説明するのみで本体交換には言及していない。MacBook Airの場合はバッテリーの交換になり、パソコン内のデータの維持が保証される。iPadはiPhoneとノート型Macの中間に位置する製品であり、仕様や価格を考慮するとMacBook Airと同じようなプログラムになりそうに思える。ところがiPadのバッテリー交換サービスの説明は、以下のようにiPod用の交換プログラムとほぼ同じ内容なのだ。

If your iPad requires service due to the battery’s diminished ability to hold an electrical charge, Apple will replace your iPad for a service fee. (バッテリーの充電機能の低下によりiPadの修理サービスが必要になった場合、Appleはサービス料金でiPadを交換します。)

iPadのバッテリー交換のサービス料金は99ドル。さらに配送料が6.95ドルとなっている。iPodのプログラムでは交換品が「新品か再生品のいずれかになります」と記されているのに対して、iPadのプログラムには交換品に関する記載がない。いずれにしても、Appleのプログラムで本体交換がトラブルになる可能性は極めて低いと考えられる。

iPadのサポート情報をAppleが正式公開する前の段階であるため、現在アクセスできるiPadのバッテリー交換サービスの内容が最終版になるとは限らない。"内蔵バッテリー"はiPad購入を検討している人たちが懸念する大きなポイントであるだけに、手厚いユーザーサポートの実現を期待したいところだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス