図書館を使う人に! 貸し出し状況検索サービス『カーリル』 - Nota

 

カーリル

Nota, Incは10日、図書館蔵書検索サービス『カーリル』を開始した。全国4,300館以上の図書館・図書室を対象に、蔵書の貸し出し状況をオンラインで確認できる。Amazon.co.jpのデータベースと連動した検索にも対応する。

カーリルは、インターネット対応の蔵書検索システムを導入する図書館を対象に、蔵書の貸し出し状況を一括検索できるサービス。検索対象図書館の指定、貸し出し可否の確認、複数書籍の貸し出し状況を一括チェックするリスト機能を提供する。また、オンライン書店の在庫も統合検索する「Mixed Search」を備え、現在はAmazon.co.jpに対応している。

今後は、オンライン書店や出版社、電子書籍関連会社などにも協力を呼びかけるほか、蔵書検索技術の提供も予定している。Nota, Incの代表取締役CEOは、スクラップツール「紙 copi」の開発で知られる洛西一周氏。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー

本音ランキング