JAL、日航インターナショルの早期退職募集を一般職にも拡大--原則35歳以上

JAL、日航インターナショルの早期退職募集を一般職にも拡大--原則35歳以上

御木本千春  [2010/03/10]

会社更生手続き中の日本航空(以下JAL)は9日、中核航空子会社の日本航空インターナショナルにおいて、次長・課長級、および一般職社員を対象とした特別早期退職者の募集を11日から開始すると発表した。

日本航空機体画像

対象社員は、地上職(整備職含む)、客室乗務職の次長・課長級、および一般職社員のうち3月31日時点で満35歳以上、整備技術職は50歳以上となる。募集期間は4月9日までで、退職日は5月31日。

日本航空インターナショルでは、5日から部長級社員の早期希望退職者を募集しており、今回の募集と合わせて同社だけで約1,700人の人員削減を予定している。2010年度は、JALグループ全体で約2,700人の早期退職者を想定し、約180億円の人件費削減を見込んでいるという。

同社は今後、企業再生支援機構の支援を受けながら、裁判所の監督および管財人らの指揮の下、グループの早期再建に向けて努力していくとしている。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Microsoft Edge 2016年の開発ターゲットは?
[14:54 2/8] 企業IT
アウディ、新型Audi A4を発表 - 燃費効率を従来比最大33%改善
[14:31 2/8] テクノロジー
Talknoteが利用企業2万社突破、新機能「社外コミュニケーション」も公開
[14:22 2/8] 企業IT
FC東京が決勝進出…久保建英は途中出場/東京都クラブユースU-17
[14:12 2/8] ライフ
2015年の実質賃金は0.9%減、4年連続マイナスに - 給与総額は2年連続増
[14:11 2/8] マネー

特別企画 PR