CSS/HTMLリファレンスマニュアル、最新ブラウザ互換情報

SitePoint: New Articles, Fresh Thinking for Web Developers and Designers

HTMLやCSSを記述する際にもっとも気になるのが、使おうとしている機能が開発に使っている以外のブラウザでサポートされているかどうか、また、意図どおりに機能するかどうかだ。テストフェーズでまとめてチェックする方法もあるが、複数のバージョンが混在する現状では、テストフェーズまでチェックを引き伸ばせば引き伸ばすほど、後からブラウザ互換性を確保する作業が困難なものになる。

開発段階でブラウザごとの互換性やサポート状況をチェックしリスクを回避するために役に立つリファレンスマニュアルにSitePointが提供しているSitePointリファレンスシリーズがある。CSS、HTML、JavaScript版が提供されており、特にCSSとHTMLのリファレンスマニュアルは秀逸。CSSリファレンスはサンプルコードとレンダリングをオンザフライでテストするためのページも用意されており、通常のCSS/HTMLリファレンスとしても便利に活用できる。

SitePoint Reference - CSS、HTML、JavaScriptに対応

SitePoint HTML Referenceの表示例 divの場合

SitePoint CSS Reference 説明ページ floatの場合

SitePoint CSS Reference サンプルレンダリングページ floatの場合

SitePoint CSS / HTML Referenceで特に秀逸なのはブラウザ互換性情報やブラウザ互換での注意事項などが包括的にまとめられているところにある。今回、このブラウザ互換情報がアップデートされ、最新のブラウザが互換情報に入るようになった。執筆現在でサポートされているブラウザは次のとおり。

サポートブラウザ サポートバージョン
IE IE5.5、IE6、IE7、IE8
Firefox Firefox 1.0、Firefox 1.5、Firefox 2、Firefox 3、Firefox 3.5
Safari Safari 1.3、Safari 2、Safari 3.1、Safari 4
Opera Opera 9.2、Opera 9.5、Opera 1-
Chrome Chrome 2

SitePoint CSS / HTML Referenceブラウザ互換情報の表示例

SitePoint CSS / HTML Referenceブラウザ互換情報の表示例

ここまで多くのバージョンに対してブラウザ互換情報がまとめられているリファレンスはほかになく、開発においてきわめて便利なリファレンスとなっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事