アイ・オー・データ、東芝REGZAの録画機能に対応したUSBハブ

 

アイ・オー・データ機器は3日、USBハブ「USB2-HB4R」を発表した。発売は2月中旬を予定している。メーカー価格は2,600円。

REGZA専用のUSBハブ「USB2-HB4R」。ケーブル長は75cmあり、ラックの中に設置したHDDにも届きやすい

同製品は、東芝の液晶テレビ「REGZA」専用のUSBハブ。現行のREGZAでは「A9000 / A900S / A8000」を除くすべてのモデルに、USB接続タイプのHDDへの録画機能が搭載されている。さらに「CELL REGZA」以外では、USBハブにも対応しており、ハブを利用した場合、最大で4台までのHDDを接続することが可能だ。

一般的なUSBハブとの違いは、安全回路が搭載されている点と、供給可能な電流。USB2-HB4RはセルフパワータイプのUSBハブだが、出力できる電流は4ポートの合計で1.2Aと、一般的なUSBハブに比べると少ない。これは、バスパワー駆動のHDDでの録画をサポートしないため、とのことだ(そのため、USB2-HB4RをPC用のUSBハブとして使用するときには、接続する機器の消費電力に注意する必要がある)。

人気記事

一覧

新着記事

レノボ、"Tango"搭載6.4型ファブレット「Phab2 Pro」 - 税別49,800円
[12:37 9/27] パソコン
京大、生物を模倣した触媒反応で機能性炭素ナノリボンを合成
[12:34 9/27] テクノロジー
『デスノートLNW』現場に潜入! 東出昌大×池松壮亮×菅田将暉、唯一の対峙シーンで銃撃音
[12:30 9/27] エンタメ
TOKIO国分太一、福山雅治ライブでの事故「人ごととは思えない」
[12:28 9/27] エンタメ
Microsoftとルノー・日産アライアンスが次世代コネクテッドカー技術で提携
[12:25 9/27] 企業IT