Apple、iPadとは別の"Mac OS X"ベースの大型タブレットを開発中?

 

米Appleのタブレットデバイス「iPad」が発表されて1週間も経過していない状態だが、すでにiPadの"次"のデバイスの噂まで登場しているようだ。米TechCrunchの1日(現地時間)付けの記事によれば、同社はiPadの9.7インチサイズよりさらに大きい、15.4インチサイズの液晶を採用した"Mac OS X"搭載のタブレット製品の準備を進めているという。

具体的なソースは不明だが、TechCrunchが得た情報によれば、どちらかといえばiPhoneやiPod touchに近い現状のiPadよりも、よりMacBook Proに近いタブレット製品の開発プロジェクトが存在しているという。サイズは前述の通り15.4インチとなるが、その最大の特徴はMac OS Xを搭載した、いわゆるMacのタブレット製品になることだという。現在Appleは次期Mac OS XにあたるOS X 10.7 (開発コード名は不明)の準備を進めており、今年2010年6月ごろに開催されるとみられるWWDC 2010で開発者向けプレビューを公開する予定だという。過去2年のWWDCではiPhone 3GとiPhone 3GSという2つのiPhoneの製品発表が行われていたが、同カンファレンスは本来であればMacプラットフォーム開発者向けのものであり、昨年秋に発売されたMac OS X 10.6 "Snow Leopard"のプレビューも行われている。

TechCrunchによれば、新型タブレットでMac OS Xを搭載する場合は何らかのタッチジェスチャー対応APIが実装されることになり、これがOS X 10.7のプレビューで紹介される可能性があるという。仮にタッチジェスチャーがMac OS Xで実装されても、それがタブレット向けのものなのか、あるいは開発が噂されるタッチ操作対応iMacなのか不明だが、興味深い話である。またもしMac OS Xベースのタブレットが開発されているのであれば、どのプロセッサを採用するのかが最も気になるポイントだ。iPadと同じApple A4(ARMベースとみられる)を搭載するのか、あるいはIntelのAtomやCULV系のプロセッサを採用するのか、業界関係者の注目はそこに集まるだろう。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

KDDI、ゲーム感覚でWALLET ポイントがたまる「auまちモニ」
[15:39 8/24] スマホとデジタル家電
坂上忍、高畑容疑者の24時間テレビ降板「自覚なかったじゃ済まされない」
[15:38 8/24] エンタメ
シックス・アパート、PHP 7&MySQL 5.7に対応した「Movable Type 6.3」
[15:38 8/24] 企業IT
【特別企画】富士通がプログラミング教室を開催した理由
[15:30 8/24] 企業IT
DTI SIM、月額基本料金を半年間980円引きにするキャンペーン
[15:26 8/24] スマホとデジタル家電