ソニー、LEDエッジライトと人感センサーで高画質省エネを両立したブラビア

ニュース
トップ

ソニー、LEDエッジライトと人感センサーで高画質省エネを両立したブラビア

村田修  [2010/01/20]

ソニーは20日、液晶テレビ「ブラビア」の新シリーズ「EX700」「EX500」「EX300」を発表した。発売は2月25日で価格はすべてオープン。

発表された3シリーズの全ラインナップ

発表されたラインナップは、EX700シリーズが、52V/46V/40V/32V型の4モデル。32V型を含むすべてのモデルがフルハイビジョン対応となっている。同シリーズの大きな特徴となっているのが、V5シリーズの後継となるスタンダードクラスのモデルでありながら、光源にLEDを採用している点。ソニーマーケティング ディスプレイマーケティング部 統括部長 粂川氏によると、EX700シリーズは、同社の40V型以上のテレビとしては、出荷台数で半分程度を占めることが予想されるモデルとのことで、こういったボリュームゾーンの製品でありながら、コストのかかるLEDバックライトを採用している点が、最大の特徴となっている。エッジライト方式のLEDバックライトにより、光源部分の低消費電力化、高コントラスト化、さらに最薄部で22mmという本体の薄型化を実現している。

LEDを光源として採用したEX700シリーズ。52V型はブラックのみ、他のサイズはブラックとホワイトの2色が用意される

エッジライト方式を採用しており、本体の薄さは際立つ

画質面では、LEDの高コントラストに加えて、上級機にも採用される映像エンジン「ブラビアエンジン3」の採用、倍速駆動の「モーションフロー120コマ」などが採用されているほか、新たに「おまかせ画質センサー」の搭載などが大きな特徴。おまかせ画質センサーは、テレビが設置されている場所の明るさや色温度によって、テレビの色や明るさを自動調整するというもの。画質面での改善と、省エネ面での性能アップに効果を発揮している。また、V5シリーズにも搭載されていた人感センサーをさらに効率化。人感センサーは、テレビの前に人がいないときに、テレビの画面を消すというもの。V5シリーズでは、画面を消した状態で、約50%の消費電力削減となっていたが、EX700シリーズでは、最大で、約80%の削減が可能になった。これらの省エネ技術により、トータルではV5シリーズと比較して約15%消費電力を抑えることに成功した。

LEDの高画質と低消費電力を備えたEX700シリーズを、「スタンダードクラスの中心商品」と語る粂川氏

同時発表されたEX500/EX300は、通常の陰冷極管をバックライトとして使用するモデル。EX500シリーズは、40V型のフルハイビジョンモデル、KDL-50EX500のみがラインナップされる。EX300シリーズは、すべて1366×768の液晶パネルが採用されており、画面サイズは、32V/26V/22Vの3タイプ。両シリーズとも、映像エンジンには、ブラビアエンジン3を搭載する。また、EX500シリーズでは、EX700シリーズ同様、おまかせ画質センサー、モーションフロー120コマが採用されているが、EX300シリーズには、おまかせ画質センサーのみが搭載されている。

なお、全モデルとも、ネット動画などを楽しむための「ブラビアネットチャンネル」機能を搭載。YouTobe、アクトビラ、U-NEXTなどのコンテンツを利用可能だ。また、ソニールームリンクのクライアント機能も搭載。同社のレコーダーなど、DLNAサーバーに保存された、映像(H.264形式 / MPEG-2形式 / MPEG-4形式)、音楽、静止画などのコンテンツを、ネットワーク経由で楽しむことが可能だ。

新モデルではリモコンの形状も変更。使わないときには、裏返して置いておくというスタイルのリモコンだ。背面には、電源キーのみが配置されている。また、表面が凹型となったデザインは、裏返して置いたときに、キーがテーブルなどの表面に触れないための工夫。Felica機能は搭載していない。

また、USBタイプの無線LANアダプター「UWA-BR100」も同時発表した。今回発表されたEX700/500/300シリーズは、すべてUSBポートを装備しており、UWA-BR100を接続することで、簡単にネットワークへの接続が可能になる。UWA-BR100発売は2月25日を予定しており、価格はオープン。市場価格は8,000円前後と予想される。

スタンダードな、40V型フルハイビジョンモデルのKDL-40EX500。EX500シリーズはこの1モデルのみで、カラーもブラックの1色

パーソナル向け小型モデル「EX300」シリーズ。ブラック/ホワイト/ブラウン/ピンク(22V型のみ)の4色が用意されている

ネット対応もさらに進歩。U-NEXTなどのコンテンツも、テレビ上からスムーズに使用可能になる

本体側面にあるUSBポートに、無線LANアダプター「UWA-BR100」を取りつければ、ワイヤレスでのネット接続が可能になる

新モデルではリモコンの形状も変更。使わないときには、裏返して置いておくというスタイルのリモコンだ

シリーズ 型名 画面サイズ 推定小売価格
EX700 KDL-52EX700 52V 30万円前後
KDL-46EX700 46V 23万円前後
KDL-40EX700 40V 17万円前後
KDL-32EX700 32V 12万円前後
EX500 KDL-40EX500 40V 13万円前後
EX300 KDL-32EX300 32V 9万円前後
KDL-26EX300 26V 8万円前後
KDL-22EX300 22V 7万円前後


関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    [ソードガイ]話題のマンガが16年春テレビアニメ化 「鷹の爪」のDLEがプロデュース
    [00:00 10/1] ホビー
    様々な味・食感が楽しめる「お菓子なデニッシュ」を限定発売--敷島製パン
    [23:53 9/30] ライフ
    濃厚な味わいのレモン炭酸飲料「アサヒのレモネード 特濃」発売
    [23:41 9/30] ライフ
    魔人ブウ、頭から爪先までの本格コスチューム
    [23:39 9/30] ホビー
    スーツのような“エレガントさ”を感じさせる仕上がり…ナイキがローマの14-15シーズンの3rdユニを発表
    [23:33 9/30] ライフ

    特別企画

    一覧