Apple、Windows 7をサポートする「Boot Camp 3.1」リリース

 

米Appleは19日(現地時間)、Intel Mac用デュアルブート機能「Boot Camp」をWindows 7対応のバージョン3.1にアップデートする「Boot Camp Software Update 3.1」をリリースした。サポートページから32bit版Windows用または64bit版Windows用をダウンロード入手できる。

対応環境はMac OS Xがv10.5以降。Windowsは、Windows XP Service Pack 2以降、Windows Vista (Home Basic/ Home Premium/ Business/ Ultimate)、Windows 7 (Home Premium/ Professional/ Ultimate)など。ただしIntel Macでも以下の機種ではWindows 7を利用できない。

  • iMac (17-inch、Early 2006)
  • iMac (17-inch、Late 2006)
  • iMac (20-inch、Early 2006)
  • iMac (20-inch、Late 2006)
  • MacBook Pro (15-inch、Early 2006)
  • MacBook Pro (17-inch、Late 2006)
  • MacBook Pro (15-inch、Late 2006)
  • MacBook Pro (17-inch、Early 2006)
  • Mac Pro (Mid 2006、Intel Xeon Dual-core 2.66GHz/ 3GHz)

このほかバージョン3.1にアップデートするとApple Wireless KeyboardおよびMagic Mouseが利用可能になり、ノートブックのデジタルオーディオポートのLEDやトラックパッドの問題が解決する。

Appleはまた、同日にMac OS X用の「セキュリティアップデート 2010-001」をリリースした。CoreAudioでのmp4再生、Flash Playerプラグイン、ImageIPでのTIFF画像処理、DNGのImage RAW処理などにおける脆弱性を修正する。

人気記事

一覧

新着記事

瀧本美織、ATMに10万円数時間放置も「優しい方が届けてくれたんです!」
[14:24 9/27] エンタメ
金沢発のポップコーンが北陸新幹線かがやきに! はやぶさやこまちも登場
[14:21 9/27] 趣味
青山にミカフェート開業! コーヒーを味わう空間に菓道家によるスイーツ登場
[14:17 9/27] 趣味
今週の秋葉原情報 - 2テラSSDの低価格化が進む、逆回転でホコリを落とすVEGASファンも
[14:15 9/27] パソコン
人工知能でカスタマーサポートの価値は向上するか
[14:14 9/27] 経営・ビジネス