冲方丁の『マルドゥック・スクランブル』、劇場アニメ化プロジェクト、始動

 

『蒼穹のファフナー』や『ヒロイック・エイジ』などでおなじみの冲方丁が原作のSF小説で、その3部作がシリーズ累計50万部の売上を誇る『マルドゥック・スクランブル』(ハヤカワ文庫JA)。2003年には第24回日本SF大賞を受賞した傑作の劇場アニメ化が決定した。

■『マルドゥック・スクランブル』ストーリー概要
主人公・ルーン・バロットは、マルドゥックシティで生きる未成年娼婦(ティーン・ハロット)。
生き場の無い彼女は、一人の野心家でありカジノ経営者であるシェルに拾われる。シェルはバロットに全てを与えた。偽りの生、偽りの過去、そして偽りの今、まさに人一人の人格をも書き換える全てを。
バロットは、今を自分の心の殻に閉じこもることでやりすごす術を身につけ、いつしかその卵の殻に閉じこもる日常を送るようになった。バロットは、今を与えてくれたシェルに感謝したかっただけなのに……。
自分が何者であるかを確認し、その過去と比較し今を感謝したかっただけ。自分の経歴をコンピュータで照会した、その1回の過ちが、大きく人生を変えることとなる……。 シェルはバロットの行為そのものを咎め、彼女を焼き殺した。
バロットは、瀕死の重体ながらも一命を取り留める。マルドゥックシティーの事件担当官であるドクターとウフコックによって。全身の皮膚を強化繊維で再構成させ、彼女は生き返る。そして選択を迫られる……。
マルドゥックシティが定める、人命保護を目的とした緊急法令。マルドゥックスクランブル09(オー・ナイン)は法的に使用が禁止されている科学技術の使用を特別に許可された特別な力。その力を得るのかどうか、そして彼女はどう生きるのか……。ドクターとウフコックは彼女とともに事件を解決してゆく。
そして彼女の存在価値、殺された理由を探して、彼女は立ち向かう……。

圧倒的で精緻な世界観、そして「生きる」という奥深いテーマ……。『マルドゥック・スクランブル』の世界を余すところなく妥協なく完全に表現するべく、現在鋭意製作中とのこと。詳細については、今後の情報を待ちたい。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

外出頻度が低い人ほど、認知機能が悪化しやすいことが判明 - 心への影響も
[14:14 9/26] ヘルスケア
セイコー、準天頂衛星「みちびき」スペシャルのGPSソーラー「アストロン」
[13:56 9/26] スマホとデジタル家電
今秋、何キロ減量したい? - 男性は平均7キロ、女性は…
[13:55 9/26] ヘルスケア
皆さんお待ちかね!島本版「Gガンダム」最終巻が発売、レディーゴー!
[13:41 9/26] ホビー
これから取り組むサイバーセキュリティ対策の基礎知識 第1回 知っておきたいWebサイトのセキュリティ
[13:41 9/26] 企業IT

本音ランキング