ドコモ、FOM最長クラスの連続待受時間を実現した『P-03B』発表

 

NTTドコモは10日、FOMA携帯電話の新製品『docomo SMART series P-03B』(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)を発表した。P-03Bは、ディスプレイに3.0インチフルワイドQVGAの有機ELを採用した折りたたみ型の携帯電話。2010年1月~2月に発売する予定

『docomo SMART series P-03B』(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)

「P-03B」は、ディスプレイに3.0インチフルワイドQVGA(240×427ドット)の有機ELを採用した折りたたみ型の携帯電話。フロントパネルにステンレス素材を採用し、チタンやクロムを利用した「プラズマハードコート」を施すことで、金属の持つ美しさを表現した。厚さは13.4mmとスリム薄型ながら、FOMA最長クラスの連続待受時間を実現している。

機能面では、被写体にカメラを向けるだけで撮影シーンを自動認識する「イテリジェントオート」「追っかけフォーカス」などの機能を備えた約810万画素のCMOSカメラを搭載。

このほか、ワンセグ、おサイフケータイ、iコンシェル、ケータイデータお預かり、ブルーレイディスクレコーダー映像転送、マイエリア、Music&Videoチャネルなどが利用できる。メール作成時の誤操作回復機能も搭載する。通信面では、国際ローミングサービス「WORLD WING(3G/GMS)」、FOMAハイスピード(HSDPA 7.2Mbps/HSUPA 2.0Mbps)をサポートする。

(写真:石森 亨)

*  *  *

本体背面、インテリジェントオートと書かれたカメラとフォトライトが設置されている

メインメニュー画面。本体カラーによって初期設定のメニュー画面のデザインが異なる

待ち受け画面時にテンキーを入力すると、その数字が電話発信や電卓で計算する数なのかを選択できる

メインメニューをシンプル設定にすると文字サイズが大型化する

シンプル設定時のメールメニュー。文字も大きく非常にシンプル

iモードブラウザ起動時

カメラ起動時。「追っかけフォーカス」が「追尾AF」と表示されており入切はワンボタンで行える

(画像・キャプション/渡邉洋介 K-MAX)

主な仕様(予定)

寸法 高さ 約113mm×幅 約50mm×厚さ 約13.4mm(最厚部 約17.7mm)
質量 約136グラム
3G連続待受時間(静止時[自動]) 約720時間
GSM連続待受時間(静止時[自動]) 約320時間
連続通話時間(3G/GSM) 約230分/約280分
連続テレビ電話時間 約160分
メインディスプレイ(サイズ/ドット数・通称/種類/発色数) 約3.0インチ/横 240ドット×縦 427ドット・フルワイドQVGA/有機EL液晶/262,144色
サブディスプレイ(サイズ/ドット数/種類/発色数) -
外部メモリー(最大対応容量) microSD(2GB)、microSDHC(16GB)
外側カメラ機能(有効画素数/記録画素数) 顔検出オートフォーカス対応CMOSカメラ(約810万画素/約800万画素)
内側カメラ機能(有効画素数/記録画素数) -
SILVER、GOLD、BLACK
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス