NHKの番組から切り出した映像や音声を無料で利用できるWebサービス開始

 

日本放送協会(NHK)は、NHKアーカイブス内の番組や番組素材から切り出した映像や音声を、無償で表現・創作活動に利用できるWebサービス「NHKクリエイティブ・ライブラリー」を10月31日に開始した。

同サービスは、番組や番組素材から切り出した映像や音声を、ユーザーの表現・創作活動に利用するための「創作用素材」 として、インターネットを通じて提供する無料のWebサービスだ

本ライブラリーの映像素材は、「生きもの」をはじめ、「日本や世界の風景」や「地球・環境」といった、NHKがすべての権利を有するものが基本となっており、作品づくりの効果を高めるため、オリジナルの音楽素材や効果音素材も用意されている。2009年度に、およそ3,000本の提供を予定しているという。

これら素材は、非営利目的や著作者名表示を行うなどの利用規約に準拠することで、無料で使用ができる。また、ダウンロードした素材を編集したり、他の素材(自分で撮影した映像や写真)などと組み合わせて制作した作品は、利用規約のもと、自分のブログに公開したり、動画投稿サイトなどに投稿したりすることが可能となっている。

NHKでは同Webサービスを行う目的を、視聴者の受信料をもとに作られた"国民共有の財産"であるNHKアーカイブスのコンテンツを広く還元することや、次代を担う子どもたちひとりひとりの「創造性」や「映像リテラシー」、「著作権意識」の向上を目指すためとしている。

なお、同Webサービスは公開当初よりアクセスが集中したため、11月2日にサービスを一時休止して緊急メンテナンスを行い、対策を講じたうえで3日朝に再開したが、再度予想を大幅に上回るアクセス集中があり、現在公開を休止している。抜本的な対応の必要性から再開までにさらなる時間を要するとのアナウンスが行われている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ICONIQ改め伊藤ゆみ、グラビア初挑戦! 大胆ヌードで美ボディ披露
[16:08 8/29] エンタメ
島津製作所、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売
[16:00 8/29] テクノロジー
東大、リチウムイオン電池の電解液として機能する「常温溶融水和物」を発見
[15:46 8/29] テクノロジー
現在の収入に「満足」48.1% - 資産・貯蓄に「不満」は過半数
[15:43 8/29] マネー
三井住友銀行をかたるフィッシングメールに注意 - JPCERT/CC
[15:43 8/29] 企業IT