Windows 7シェア3%、Mac OS Xシェア成長、XPは圧倒的シェア

Market share by Net Applications

Net Applicationsから2009年10月のOSシェアが発表された。ここ2年間の傾向どおり10月もWindowsのシェアが減りMacとiPhoneなどがシェアを伸ばす傾向が続いた。

  • Windows 92.51% (↓)
  • Mac 5.27% (↑)
  • Linux 0.96% (↑)
  • iPhone 0.37% (↑)
  • Java ME 0.35% (↑)
  • Symbian 0.17% (↑)

主要なバージョン別のOSシェア

  • Windows XP 70.48% (↓)
  • Windows Vista 18.83% (↑)
  • Mac OS X 10.5 2.82% (↓)
  • Windows 7 2.15%(↑)
  • Mac OS X 10.6 1.17% (↑)
  • Linux 0.96%(↑)
  • Mac OS X 10.4 0.93% (↓)
  • Windows 2000 0.78% (↓)
  • iPhone 0.37% (↑)

10月22日に販売がはじまったWindows 7は販売後にシェアを急増させ、月末には3%のシェアに達している。この傾向が続けば、11月のバージョン別シェアは上位から順にXP、Vista、7とWindowsで占められることになりそうだ。Windows 7は好調な滑り出しだが、こうした状況でもMac OS Xは全体で徐々にシェアを伸ばしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事