火野正平「ベッドシーンある」に高橋かおりが苦笑い - 『Xmasの奇蹟』

長谷亜紀子  [2009/10/23]

11月2日放送スタート昼の帯ドラマ『Xmasの奇蹟』(東海テレビ・フジテレビ系 毎週月曜~金曜 13:30~14:00)の制作発表が22日、都内で行われ、主演の高橋かおり、岡田浩暉、窪田正孝、大内厚雄、火野正平が出席した。

左から、大内厚雄、窪田正孝、高橋かおり、岡田浩暉、火野正平

45周年を迎えた東海テレビの182作目となる本作は、音楽業界を舞台に、クリスマスの日に交通事故で逝ってしまった恋人・浩志(岡田)の魂が20歳の青年・健(窪田)の身体に宿り、その生死を越えた決して結ばれることのない愛を貫こうとする主人公・直(高橋)のはかなく切ないラブファンタジー。物語は浩志が事故に合うクリスマスから始まり、翌年のクリスマスまでを描く。主題歌は、韓国ドラマ『冬のソナタ』のキム・サンヒョク役で日本でブレイクしたパク・ヨンハが担当し、11月17日、18日の放送では本人役で特別出演する。

昼ドラには4回目の出演となる高橋。本作のテーマとなる"奇蹟"について「私にも、ふとどうしてるかな? って思った知人から突然連絡がきたり、小さな奇蹟はありますよ(笑)」

「口は上手くないですが、気持ちは熱い役なので、そのまっすぐな熱さを伝えたい」と見どころを語る岡田

「こういう所に来たら言ってみたいセリフがあったので言わせていただきます。『別に…』」と、突然の沢尻エリカのモノマネで会場を沸かせていた火野

クリスマスを思わせる濃紺の生地にゴールドをあしらったロングドレスで現れた高橋は、「このドラマは、目に見えないものを信じる心を持っている女性の心をくすぐる作品。わたし自身、泣きっぱなしと思うぐらい台本を読んで泣いています」とアピール。大手レコード会社のやり手宣伝マンを演じるが、「34歳で仕事バリバリの女性が、好きな人に出会い、気付かない間に作り上げてしまった(心の)鎧を一枚一枚はがして、本来の自分を出していく。そんな感情や心の揺れをリアルに表現できたら」と抱負を語った。

「とことんはかなく、とことん切なく、とことん悲しいラブストーリーを作りたい」と意気込む高村幹プロデューサー。高橋の切ない感情を爆発させたポスターが印象的

また、高村幹プロデューサーから"レベルの高い課題"をもらったそうで、「色々な感情をいっぺんに出して欲しいと言われました(笑)。悲しみを表現するときに、ただ泣けばいいわけじゃなくて、悲しみを我慢したり、色々ありますよね。素のわたしだったらどういう感情が生まれるかなって置き換えて演じています。ただ、たまに気持ちがあふれて収拾がつかなくなることも…」と、コントロールの難しさを訴えた。

一方、大手レコード会社社長を演じる火野は「なぜか高橋君とのベッドシーンがあって、個人的にぜひリハーサルをお願いしたいので、スケジュールを調整してもらってます」と語ると、高橋は苦笑い。すると火野は「『アハハ』じゃないよ。俺は一生懸命なんだから」と意欲を見せていた。

関連したタグ

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】人とくるまのテクノロジー展 2016 横浜 - ホンダ、新型FCVや電動スーパーカブを展示
[14:13 5/25] テクノロジー
日本、2020年から小学校でプログラミングを必修化へ
[14:12 5/25] 企業IT
健診データで心筋梗塞、脳梗塞リスクを予測 がん研究センターが簡易システム開発
[14:07 5/25] テクノロジー
DTI、iPhone 6sが月額3,600円でレンタルできる新サービス
[13:45 5/25] 携帯
ゼノンに保谷伸読み切り&「ちるらん」スピンオフ、ヤス・いがわうみこの酒企画
[13:45 5/25] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR