JIL提供のモバイルウィジェット、LG・RIM・サムスン・シャープの携帯が対応

 

ジョイント・イノベーション・ラボ(JIL)は21日、LGエレクトロニクス、Research In Motion(RIM)、サムスン電子、シャープが、2010年から発売する携帯電話機において、JILが提供するウィジェットに順次対応していくことで合意したと発表した。

JILは2008年、携帯電話の新しい技術やアプリケーション、サービスの開発を促進することを目的に設立された。モバイルウィジェットの開発を促進するため、ソフトウエア開発者向けのグローバル・プラットフォームを作ることに注力してきており、開発されたモバイルウィジェットは、スマートフォンから低価格の携帯電話、多くのOSに対応、各事業者のアプリケーションストアで入手できる。

今回の合意により、ソフトウエア開発者は、LGエレクトロニクス、RIM、サムスン電子、シャープの携帯電話を通じ、JILに参画するチャイナモバイル、ソフトバンクモバイル、ベライゾン・ワイヤレス、ボーダフォングループの各キャリアのユーザーにアプリケーションを提供することが可能になる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

平成以降最悪の被害、障害者殺傷事件の深層に迫る『NHKスペシャル』
[09:00 7/31] エンタメ
さんま、中居へのSMAP騒動直撃は「本当にファンの気持ちで…」
[09:00 7/31] エンタメ
パンケーキや豚カツをプラス!? "進化系冷やし中華"を自宅で再現してみた!
[09:00 7/31] 趣味
「ゲームエンジン」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[09:00 7/31] スマホとデジタル家電
『イッテQ!』世界初!?の映像の撮影に成功!オーシャンズ金子が奇跡の海へ
[08:00 7/31] エンタメ