マウス、Windows 7搭載で6万円台からの13.3型CULVノート

 

マウスコンピューターは18日、OSにWindows 7 Home Premiumをプリインストールし、光学ドライブを搭載、CULV(超低電圧)プロセッサ採用で長時間のバッテリ駆動も実現した13.3型ノート「LB-L350」を発表した。全国の同社製品取扱店にて、10月18日より予約受付開始、10月22日より販売を開始する。価格は69,800円。

「LB-L350」

主な仕様は、液晶ディスプレイが13.3型ワイド光沢液晶(1,366×768ドット)、CPUがIntel Celeron 743(1.3GHz)、チップセットがMobile Intel GS40 Express、メモリが4GB DDR2 SO-DIMM(2GB×2)、HDDが320GB SATA、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。インタフェースは、IEEE802.11b/g/n、GigabitEthernet、USB 2.0×3、D-Sub、メモリカードリーダ、オーディオ入出力など。OSはWindows 7 Home Premium。本体サイズ/重量はW333×D225×H12~31.5mm/約1.8kg。バッテリ駆動時間は約4.5時間。

あわせて、Microsoft Office Personal 2007を追加した「LB-L350A」も用意する。こちらの価格は89,800円。

■各製品の取扱予定店 (※一部店舗で取扱がない場合あり)
LB-L350 コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、マウスコンピューター
LB-L350A ベスト電器、ヨドバシカメラ

人気記事

一覧

新着記事

『ライオン・キング』実写化が決定! 監督はジョン・ファヴロー
[12:15 9/30] エンタメ
エプソンの最新スマートグラス「MOVERIO」を体験してきた - 映像が見るものから体験するものに変わる!
[12:08 9/30] スマホとデジタル家電
ブラピとアンジー、離婚申請前から家庭内別居していた
[12:03 9/30] エンタメ
椎名桔平、海外長編映画で孤高のヤクザ - 物語は任侠版『ラストサムライ』
[12:00 9/30] エンタメ
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第355回 三年間少しずつ
[12:00 9/30] 趣味