レノボ、Windows 7と高解像度16:9液晶を搭載した「ThinkPad SL410/SL510」

  [2009/10/16]

レノボ・ジャパンは16日、OSにWindows 7を搭載し、ThinkPad SLシリーズとしては初の高解像度16:9ワイド液晶を搭載するノートPC「ThinkPad SL410」ならびに「ThinkPad SL510」を発表した。発売開始は10月22日。

「ThinkPad SL410」

「ThinkPad SL510」

ThinkPad SL510の主な仕様は、CPUにIntel Core 2 Duo P8700(2.53GHz)、最大6GBのメモリ、最大500GBのHDD、GPUにオプションでATI Mobility Radeon HD 4570、ディスプレイにLEDバックライト付15.6型ワイド液晶(1,366×768ドット)、マルチタッチ・タッチパッドの標準搭載、約4時間のバッテリ駆動時間、OSにWindows 7 Profesionalの標準搭載というもの。

ほか、SL510/SL410で共通の特徴として、本体重量が約10%軽量化しているほか、内蔵デジタル・マイクが強化され、臨場感がある高品質な音声機能を実現しているなどの改善点が明らかにされている。

なお、より詳細な製品仕様や価格については、22日の発売にあわせて公開される予定となっている。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

伊勢志摩サミット、中部空港に到着する各国首脳をMIRAIとMRJがおもてなし
[10:10 5/25] 趣味
日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現
[10:00 5/25] 企業IT
【コラム】どこでもサイエンス 第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
[10:00 5/25] テクノロジー
ピュア・ストレージ、オールフラッシュファイルストレージを発表
[09:57 5/25] 企業IT
DDoSの脅迫に屈するな! 従えばエスカレート! - 情報セキュリティEXPO 春
[09:30 5/25] 企業IT

特別企画 PR