NEC、Blu-rayやフルHDパネル搭載モデルをラインナップする「LaVie L」シリーズ

ニュース
トップ

NEC、Blu-rayやフルHDパネル搭載モデルをラインナップする「LaVie L」シリーズ

  [2009/10/16]

NECは16日、A4ノートPC「LaVie L」シリーズの2009年秋モデルを6モデル発表した。Blu-ray DiscドライブやフルHDパネル、さらにはデジタル放送をワイヤレスで楽しむことができる「ワイヤレスTVデジタル」を搭載する機種が並ぶなど、多彩なバリエーションが特長だ。

ワイヤレスTVデジタルは、LaVie LL770/VGとLaVie LL570/VGに搭載された機能で、地デジ/BS/CSというデジタル放送を受信する際にアンテナを必要とせずワイヤレスで接続できるというもの。IEEE802.11nを利用して、映像をPCに送信するシステムだ。本体とワイヤレスTVデジタルユニットは1対1で組み合わせることが必須となる。また、USB外付けHDDへの録画や、録画番組をワンセグケータイで持ち出せる「外でもVIDEO」機能にも対応する。加えて、IEEE802.11nを利用しているので、無線LANユニットとしても使用が可能。つまり、このユニットを経由してインターネットへの接続もできるのだ。

そのほか、スライドパッドの機能が強化。LL550以上のLaVieではパッド上にテンキーが浮かび上がるほか、2ポイントによるマルチタッチ操作のジェスチャー機能にも対応する。

また、同社が運営する直販サイト「NEC Direct」では、LaVie Lの直販モデル「LaVie G タイプL(p)」において、CPUをIntel Core 2 Duo T9900に変更することやインテルターボメモリーの追加が可能になっている。さらに、「LaVie G タイプL(s)」では、フルHD液晶が選択可能になっている。

LaVie L LL770/VG/、LL750/VG」

両モデルとも、16型ワイドのフルHDパネルやBlu-ray Discドライブを搭載したハイエンドノートPC。違いはワイヤレスTVデジタルへの対応とWebカメラの搭載で、LL770は対応するうえにWebカメラ搭載。LL750は非対応でWebカメラ非搭載。

LL770/VG

LL750/VG

発売日と店頭予想価格は、LL770が11月上旬で215,000円前後、LL750が10月22日で190,000円前後。

高精細な液晶に加えて、映像をリアルタイムに分析し部分ごとの最適な色を再現する「彩りプラス」専用チップにより、映像がさらに鮮やかに楽しめるようになっている。この彩りプラスは、本体にボタンが備えられているため、自由にオン/オフを切り替えることができる。

主な仕様としては、CPUがIntel Core 2 Duo P8700(2.53GHz)でチップセットがMobile Intel GM45 Express。メモリは4GBでHDDは500GB、光学ドライブはBlu-ray Discドライブ。16型ワイド液晶の解像度は、1,920×1,080ドット。OSはWindows 7 Home Premium。

その他の機能としては、USB2.0×5(うち1基はパワーオフ充電機能付き)、D-Sub15ピン、HDMI出力、eSATA、IEEE1394、トリプルメモリースロット、ExpressCard/54/34スロット、FeliCaポート、IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、10/100/1000BASE-T有線LANなどを装備する。

サイズはW380×D267×H39.8mmで、重量は約3.1kg。バッテリ駆動時移管は約1.2時間となる。

カラーバリエーションは、LL770はスパークリングピュアブラックのみで、LL750がスパークリングレッド、スパークリングミルキーピンク、スパークリングホワイト、スパークリングピュアブラックの4色展開となる。

LaVie L LL700/VG、LL570/VG、LL550/VG、LL350/VG

解像度が1,366×768ドットの16型ワイドや15.6型ワイド液晶パネルを搭載したシリーズ。LL700はBlu-ray Discドライブを搭載、LL570はワイヤレスTVデジタルに対応するという特長を持つ。

LL700/VG

LL570/VG

LL550/VG

LL350/VG

発売日は10月22日で、店頭予想価格は、LL700が175,000円前後、LL570が185,000円前後、LL550が155,000円前後、LL350が130,000円前後。

上位3モデルのCPUはIntel Core 2 Duo P8700(2.53GHz)を、LL350はIntel Celeron T3000(1.80GHz)を採用している。このほか、液晶も違いがあり、上位3モデルは1,366×768ドットの16型ワイド液晶を、LL350は1,366×768ドットの15.6型ワイド液晶を装備する。OSはWindows 7 Home Premium。

その他の仕様はほぼ共通で、チップセットがMobile Intel GM45 Express。メモリは4GBでHDDは500GB(LL350は320GB)。

そのほかの機能としては、USB2.0×4(うち1基はパワーオフ充電機能付き、別の1基はeSATA共用)、D-Sub15ピン、HDMI出力、IEEE1394、トリプルメモリースロット、ExpressCard/54/34スロット、FeliCaポート、IEEE802.11b/g/n無線LAN(LL570のみIEEE802.11a/b/g/n無線LAN)、10/100/1000BASE-T有線LANなどを装備する。

サイズはW378×D266.8×H40.5mmで、重量は約3.1kg。バッテリ駆動時間はLL770が約1.3時間、LL570が約1.2時間、LL550とLL350が約1.4時間となる。

カラーバリエーションは、LL700とLL550がスパークリングレッド、スパークリングピンク、スパークリングホワイト、スパークリングブラックの4色展開、LL570はスパークリングブラックのみ、LL350がスパークリングホワイトのみとなる。

また、店頭には置いていないが注文で取り寄せる「プラスセレクション」というサービスにおいて、LL700をベースにPowerPointをインストールしたモデルをラインナップする。

関連したタグ

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    【レポート】ポタフェス2014、気温7度の極寒を吹き飛ばすHotコンパニオン特集
    [03:47 12/21] 家電
    ウエディングドレスの横峯さくら「幸せな家庭を築きます!」
    [01:52 12/21] ライフ
    【レポート】『プリパラ』TVアニメ新シリーズが2015年4月に始動! 「プリパラ&プリティーリズム クリスマス☆パーティー」
    [00:00 12/21] ホビー
    iiyama PC、ボタン操作でファン回転数を制御できる水冷ゲーミングPC
    [00:00 12/21] パソコン
    JRダイヤ改正、南武線快速運転区間さらに拡大! 京浜東北線快速は停車駅追加
    [23:28 12/20] 旅行

    特別企画

    一覧